子どもたちのかけがえのない将来のために。
 不登校の子どもの心に寄り添い支えるには,ご家族や学校の先生はもちろん,周囲の大人が手を携えて,みんなで知恵を出し合っていくことが大切です。

 京都市教育委員会京都市児童生徒登校支援連携会議では,京都市在住の不登校に悩まれている子どもやそのご家族の方に,教育相談総合センター(こどもパトナ)をはじめ,様々な相談機関等に関する情報をお知らせし,お一人お一人に合った適切な支援を受けていただくため,また,学校の先生や相談機関の職員の方々に,他の機関についての情報を知っていただき,草の根的なネットワークの構築を図ることを目的に「京都市不登校の子ども支援サイト」を開設しています。

 当サイトに関するご意見等がありましたら,下記のメールアドレスにお知らせください。サイト運営の参考にさせていただきます。(※ なお,メールでの相談は承っておりません。また,ご意見・ご提言に対して回答を行うことはできませんので,何卒ご了承ください。)

  E-mail:toukoushien@edu.city.kyoto.jp

 

 

お知らせ・新着情報

   
H24.04.02 ホームページオープンしました。
H24.04.02 相談機関マップ追加しました。
H25.6.25 イベント追加しました。
H25.9.30 イベント追加しました。
H27.5.20 相談機関の紹介を更新しました(こども相談24時間ホットラインの開設)。

ページトップへ

京都市児童生徒登校支援連携会議は,児童生徒の不登校等やその背景にある課題に対して学校・保護者・関係機関等が集い,将来的な社会的自立に向けた連携のあり方や取組を協議する会となっています。協議会の事業として,不登校フォーラムの実施や不登校に関する相談機関等を掲載した「不登校子どもたちのためのネットワークブック」の作成等を行っています。

【構成団体】
顧問:京都大学名誉教授 藤原 勝紀 
委員:学校関係者(京都市立小中学校長会・洛風中学校・洛友中学校)
保護者(洛風中学校卒業生保護者・京都市小中学校PTA連絡協議会)
関係機関(大学心理相談室・こころの健康増進センター・青少年活動センター(ユースサービス協会)・
           京都市児童福祉センター児童相談所・青葉寮・発達障害者支援センター・子ども支援センター・
           教育相談総合センター・フリースクール)
学識経験者等(精神医学分野・京都市スクールカウンセラー)
事務局:教育委員会指導部生徒指導課

ページトップへ

    

こどもパトナは、「教育相談」と「生徒指導」の部門を集約し、不登校の子どもたちの活動の場である「ふれあいの杜」を充実し、一体化した全国初の専門機関です。
そのカウンセリング部門であるカウンセリングセンターでは、 心のケアを要すると思われる気がかりな点,不登校・いじめや友人関係,性格や行動,学習や学校生活のことなど,教育上の様々な問題や子育ての不安について,京都市在住の小学生から高校生までのお子さんと保護者の方のご相談をお受けしております。

 こどもパトナの運営指針
 (京都市子どもカウンセリングセンター企画懇話会『9つの提言』)

    ①  「だれもが温かで親しみやすい」に応える,明瞭な「愛称」の公募を
    ②  「どこに行けば」に応える,丁寧な「相談案内(ガイド)機能」の創設を
    ③  「安心して相談できる」に応える,的確な「カウンセリング相談体制」の強化を
    ④  「みんなで支えよう」に応える,広範な「相談機関ネットワーク」の構築を
    ⑤  「いつでも気軽に利用したい」に応える,柔軟な「土・日相談体制」の整備を
    ⑥  「身近にできる支援をしたい」に応える,様々な「ボランティア」の拡充を
    ⑦  「子どもへの関わり方を学びたい」に応える,多彩な「市民講座」の開催を
    ⑧  「先生の関わりが重要です」に応える,実践的な「教員研修」の充実を
    ⑨  「学校の取組が大切です」に応える,積極的な「学校相談体制確立」の支援を

利用時間 利用時間:月~金曜日 午前10時 ~ 午後9時 土曜日午前9時 ~ 午後5時
(第2・第4 水曜日、祝日、12 月28日 ~ 1 月4日は休館日です)
利用方法 あらかじめお電話でお申し込み下さい。( 075-254-1108 )
利用対象 京都市在住の小学生から高校生までの子ども及び保護者の方
費用 無料

京都市教育相談総合センター(こどもパトナ)カウンセリングセンター
地下鉄(烏丸御池) K08T 13 下車 徒歩3 分 市バス「烏丸御池」下車 徒歩3 分
〒604-8184 京都府京都市姉小路通東洞院東入曇華院前町706-3
TEL:075-254-1108

ページトップへ