image


◆ 目次 ◆ (クリックすると項目にジャンプします)
科学センターのプラネタリウムの特徴
プラネタリウム4号機 4つの魅力
座席配置、ヒアリングループについて
補聴援助システム「ロジャー」の導入について

科学センターのプラネタリウムの特徴

  • 親しみやすい生解説!
  •  プログラムに応じ、雰囲気に合わせた親しみやすくわかりやすい解説を心がけています。
     同じプログラムでも解説者それぞれ個性がありますので、ずいぶん違った印象になります。ぜひ、いろいろな解説者の投映をお楽しみください。

  • 番組はすべてオリジナル!
  •  投映番組では星空解説に加えて、天文・宇宙、星座などの話題を取り上げてご紹介します。
     内容は科学センターのオリジナルで、他館では見られないユニークなものです。


    プラネタリウム4号機 4つの魅力

     科学センターでは、2020年10月10日にプラネタリウムをリニューアルオープンしました。
     現在のプラネタリウム機は、初代(科学センター開館時)から数えて4代目です。
     プラネタリウム4号機の魅力についてご紹介します。

    (1)感動的な星空を描写  -コンパクトで高性能な光学式プラネタリウム-

     新しく導入した光学式プラネタリウム「オルフェウス」の恒星と星座絵を映し出す球体の直径はわずか48cm。太陽、月、惑星の投映機は上下に突き出す円筒形の中に収められています。従来機よりも格段にコンパクトになり、お客様の視界を妨げることが少なくなりました。
     肉眼で見られる6.55等級の恒星約9500個と天の川の恒星約800万個を投映することができるようになり、高輝度LEDの光源により、明るく感動的な満天の星を見ることができます。
      

    (2)多彩な表現力  -特徴ある2つのデジタル式プラネタリウム-

     学習機能に優れた「ステラドームプロ」と天体映像の美しさでは群を抜く「スカイエクスプローラー」。2つのデジタル式プラネタリウムを実装し、場面によって切り替えて使用できる全国的にも珍しい方式を採用。さまざまな景色の描写から宇宙空間へ飛び出したかのような映像まで、臨場感あふれる多彩な表現が可能になりました。
     全天に映像を映し出すビデオプロジェクターは最新の4Kレーザー方式のものをドーム中央に2台設置しています。
      

    (3)対面投映が可能  -日本初のサブコンソール(第二の操作卓)-

     プラネタリウムを操作しながら解説をするには、コンソール(操作卓)の使いやすさが重要です。お客様の反応に応じて臨機応変に対応ができるよう、必要なスイッチやボリューム類を厳選し、レイアウトしています。
     さらに通常のコンソールだけでなく、今回日本で初めてサブコンソール(第二の操作卓)をドーム中央に設置しました。これにより、学習投映などで投映者が子どもたちと教室の授業のように対面でやり取りしながら進めることが可能になりました。
      

    (4)快適な環境を実現  -ドームスクリーン・座席などもリニューアル-

     星を映す天井のドームスクリーンを今回新調し、より一層星空や映像の美しさが引き立つようになりました。座席も従来より幅が広くなり、座り心地も向上しました。さらに音響装置も一新してノイズが少なく高品位な音質が楽しめます。また、座席の一部のエリアには新しくヒアリングループを埋設し、補聴器が必要な方にも快適にご覧いただけるようになりました。   


    座席配置、ヒアリングループについて

    <プラネタリウムドーム内の座席配置図>(水色の□が座席を表しています)
    ※図の下の注意事項も合わせてお読みください

    点線で囲まれたエリアでは床下にヒアリングループ(磁気ループ)を埋設しており、このエリアで対応する補聴器をご使用頂くことで「聞こえ」をサポートします。また、対応する補聴器の貸出も行っております(最大5台まで、数に限りがありますのでご了承ください)。
    優先席付近の通路の幅などについては優先席付近拡大図をご参照ください。
    方角は、実際の立地の方角ではなく、ドーム内で映る星空の方角です。字幕付きプラネタリウムの字幕は、「南」と書いてある方に投映します。

    ◆ それぞれの図をクリックすると拡大します ◆
    ドーム全体の様子(ドラッグで360°ご覧いただけます。
    左上の四角マークで拡大します。)
    ヒアリングループ設置エリア
    優先席付近写真優先席付近拡大図(座席と手すりの間隔)


    補聴援助システム「ロジャー」の導入について

    ロジャータッチスクリーンマイク  プラネタリウム内では、補聴援助システム「ロジャー」を導入しています。
     投映時、解説者がロジャータッチスクリーンマイク(左写真)を首から提げて使用します。
     対応する補聴器をご使用の方は事前に機器と同期していただくことで、解説者の声や音楽の聞き取りの助けとなります。

     機器の同期には一定の作業時間が必要となりますので、ご希望の方は、
    投映開始時間の5分前までにプラネタリウムのスタッフにお知らせください。

    ※なお、ロジャー対応補聴器の貸し出しは行っておりません。ご了承ください。