研究課 ロゴ


今年度の研究員と各研究員の研究内容・進捗状況につきましてはNewsLetterのページをごらんください。 ■平成26年度
 −伝統と文化を受け継ぎ,次代と自らの未来を切り拓く子どもを育てるために−
 
No.569 三枝 祐行 中学校理科における主体的な観察・実験を通した科学的な思考力の育成(2年次)
−「Re-モデル」に基づく観察・実験を中心にした単元の構成−
論文 梗概 成果物
No.570 日比 淳子 小学校音楽科における主体的・創造的に取り組む力の育成を目指して(2年次)
−子どもの発達の段階に応じた,鑑賞と音楽づくりの関連の在り方−
論文 梗概 成果物
No.571 森 文子 子どもの学ぼうとする意欲を高め,確かな学力の向上を図るために(2年次)
−わかる喜びと学ぶ楽しさを実感できる授業の在り方−
論文 梗概 成果物
No.572 上畑 直久 主体的にキャリア形成に取り組むことができる子どもの育成(2年次)
−中学校における家庭学習の在り方と,自学自習できる力を育てるシステムづくり−
論文 梗概 成果物
No.573 今井 大介 京都や地域で学ぶ強みを生かす子どもの育成(2年次)
−京都や地域再発見につなげる「伝統と文化」に係る学習の構想−
論文 梗概 成果物
No.574 景山 功一 LD等通級指導教室の『運営』&『活用』ガイドの構築(1年次)
−児童の読字・書字のつまずき把握と指導・評価を通して−
論文 梗概 成果物
No.575 矢野 智子 小・中学校における効果的な英語インプットのあり方に関する研究(1年次)
−“KYOTO English Shower”Project Plan の開発と提示−
論文 梗概  
 

■平成25年度
 −一人一人の子どもを徹底的に大切にする教育の推進のために −

No.562 吉田 夏紀 学校図書館機能の活用を通した,主体的に学び続ける力の育成(2 年次)
−9 年間の学びをつなぐ,各教科等における学習活動・読書活動の在り方−
論文 梗概 成果物
No.563 中島 一郎 中学校社会科における思考力・判断力・表現力等の育成を目指して(2 年次)
−課題設定を重視した課題解決学習の在り方−
論文 梗概 成果物
No.564 三枝 祐行 中学校理科における科学的な思考力の育成を基盤とした学力向上の方策(1年次)
−理解から関心・意欲につなげる対話型授業の進め方−
論文 梗概 成果物
No.565 日比 淳子 小学校音楽科における主体的・創造的に取り組む力の育成を目指して(1 年次)
−伝統音楽を素材として,鑑賞と音楽づくりの関連を重視した学習モデルの提示−
論文 梗概 成果物
No.566 森 文子 子どもの学ぼうとする意欲を高め,確かな学力の向上を図るために(1 年次)
−教科学習において「質の高い学習集団」に育てるための授業の在り方−−
論文 梗概 成果物
No.567 上畑 直久 主体的に学び,自ら将来を切り拓く子どもを育てるために(1年次)
−中学校における家庭学習の在り方と,自学自習できる力を育てる授業づくり−
論文 梗概 成果物
No.568 今井 大介 「伝統と文化」を大切にし,地域で学ぶ強みを生かす子どもの育成(1 年次)
−京都に根ざす「伝統と文化」を体感し,関心を深める学習プログラムの提示−
論文 梗概 成果物
河野 由佳 若手教員の資質・能力のさらなる向上を目指して (2年次)
−「<試案>フレッシュせんせい実践力向上のための“システムづくり”ガイドブック」の提示−
(研究論文は作成しておりません。)
梗概 成果物

■平成24年度
 −一人一人の子どもを徹底的に大切にする教育の推進のために −

No.555 吉田 夏紀 学校図書館機能の活用を図り,主体的,意欲的に学び続ける力の育成をめざして
−各教科等における系統的な学習活動・読書活動の在り方−
論文 梗概 成果物
No.556 中島 一郎 中学校社会科における思考力・判断力・表現力等の育成をめざして
−言語活動を充実させるための単元・単位時間の構造化−
論文 梗概 成果物
No.557 川島 浩明 中学校数学科における考える力の育成をめざして
−数学的なコミュニケーションを通して表現力を高める指導と評価の在り方−
論文 梗概 成果物
No.558 中村 理恵 コミュニケーション能力を高める外国語活動の実際
−外国語活動と外国語科との円滑な接続をめざした小小連携プログラムの在り方−
論文 梗概 成果物
No.559 中大路 浩一 中学校における規範意識の育成をめざして
−学級の状態を把握し,人間関係を深め自尊感情を高める指導モデルの提示−
論文 梗概 成果物
No.560 大菅 佐妃子 日本語指導が必要な子どもたちの学力保障をめざして
−「サポートシート」を活用した,各教科等の授業における支援の在り方−
論文 梗概 成果物
No.561 進藤 弓枝 探究的な学習を充実させる総合的な学習の時間の単元展開
−学年の系統に応じた内容と言語活動の充実−
論文 梗概 成果物
河野 由佳 若手教員の資質・能力のさらなる向上をめざして
−「フレッシュせんせい教師力向上ガイドブック」の提示−
(研究論文は作成しておりません。)
梗概 成果物

■平成23年度
 −一人一人の子どもを徹底的に大切にする教育の推進のために −

白井 真美 中学校国語科における言語力の育成に向けて
−言語活動を通して主体的に学ぶ生徒を育成する単元構想の提示−
成果物
No.549 山口 賢 自発的,自治的な集団づくりを通して育む規範意識
−規範を内面化していくための指導行動と活動プログラムの開発−
論文 梗概 成果物
No.550 井上 拓哉 小学校生き方探究教育のさらなる充実を求めて
−実生活・実社会につながる,教科における学習モデルの提示−
論文 梗概 成果物
No.551 川島 浩明 中学校数学科における考える力の育成をめざして
−思考力・判断力・表現力を付けるための支援と学習規律の在り方−
論文 梗概 成果物
No.552 中大路 浩一 中学校における規範意識の育成をめざして
−他者や集団との関わりを大切に考える活動プログラムの開発−
論文 梗概 成果物
No.553 大菅 佐妃子 日本語指導が必要な子どもたちの学力保障をめざして
−日本語の力や生活経験に応じた,各教科等の授業における支援の在り方−
論文 梗概 成果物
No.554 進藤 弓枝 主体的な学びを支える総合的な学習の時間における言語能力の育成
−探究的な学習を実現する言語活動の構想−
論文 梗概 成果物

■平成22年度
 −一人一人の子どもを徹底的に大切にする教育の推進のために −

はじめに 京都市総合教育センター 所長 永田 和弘
No.542 白井 真美 中学校国語科における言語力の育成に向けて
−目的や意図に応じて読み,相手に伝える能力を高める言語活動の工夫−
論文 梗概 成果物
No.543 合田 智栄 中学校理科における言語活動の充実をめざして
−科学的思考力を高めるために表現活動を重視した学習モデルの提示−
論文 梗概 成果物
No.544 山口 賢 小学校低学年における学級経営の在り方
−体験的な活動を通して規範意識を育てる学級経営年間計画例の提示−
論文 梗概 成果物
No.545 久保田 昌子 LD支援の必要な子どもの指導の充実に向けて
−自分らしさを発揮し,ともに学ぶ喜びを実感できる
個別の指導計画を効果的に活用した教科学習の実際−
論文 梗概 成果物
No.546 大菅 佐妃子 日本語指導が必要な子どもたちの学力保障をめざして
−学習内容を理解し,学んだことを表現することができる学習モデルの提示−
論文 梗概 成果物
No.547 木村 明憲 ICTを活用した学力向上のための方策
−各教科等の目標を達成させるためのICTを活用した情報活用能力の育成−
論文 梗概 成果物
No.548 井上 拓哉 小学校生き方探究教育のさらなる充実を求めて
−自己実現をめざして,よりよく判断する力を育てる教科学習の実際−
論文 梗概 成果物
資料 河野 由佳 生き方探究教育の推進をめざして
−小学校と中学校をつなぐ,「生き方探究教育パッケージプログラム」の開発−
(研究論文は作成していません。)
概要 成果物

■平成21年度    
 − 一人一人の子どもを徹底的に大切にする教育の推進のために −

はじめに 研究紀要発刊にあたって 京都市総合教育センター 所長 永田 和弘
No.534 社会科における思考力・表現力の育成をめざして
−思考・表現活動を通して,多面的に考察する力をはぐくむ指導の実際−
論文 梗概
No.535 中学校理科における学び合いを通した言語活動の充実
−対話を重視し,生徒の動機づけを高め意欲的に取り組む授業の在り方−
論文 梗概
No.536 コミュニケーション能力を高めるための英語教育の在り方
−中学校第1学年英語科カリキュラム試案における九つのユニットの実際−
論文 梗概
No.537 ICT を活用した学力向上のための方策
−児童の学習意欲を向上させるICT 活用の在り方−
論文 梗概
No.538 ICT を活用した学力向上のための方策
−学習指導における効果的なICT 活用モデルの提案−
論文 梗概
No.539 自己の夢をつくりあげる生き方探究教育のさらなる充実を求めて
−人や社会とのつながりを意識した,体験的な学習の実際−
論文 梗概
No.540 小学校低学年のLD 等支援の必要な子どもの指導法
−個別の指導計画を活かした教科学習の進め方−
論文 梗概
No.541 指導力の向上をめざした研修のさらなる充実を図るために
−若手教員の意識からみた研修ニーズ−
論文 梗概

■平成20年度    
 − 一人一人の子どもを徹底的に大切にする教育の推進のために −

はじめに 研究紀要発刊にあたって 京都市総合教育センター 所長 砂田 信夫
No.526 目的や意図に応じて自分の考えを書く力を育てるための指導・支援の在り方
−国語科における単元構想の工夫−
論文 梗概
No.527 社会科における,資料を読み取り,自分の考えをもつための指導の工夫
−社会科学習ハンドブックを活用した実践例−
論文 梗概
No.528 算数・数学科における,筋道を立てて考えたり,自分の考えを表現したりする力を育成するための具体的な指導の在り方
−線分図を用いて説明する活動例の提示−
論文 梗概
No.529 小中連携を見据えた英語教育の在り方
−英語活動と連携した中学校第1学年の英語科カリキュラム試案の開発−
論文 梗概
No.530 「いのち」を大切にする心をはぐくむ道徳教育の充実をめざして
−「歌」を活用した道徳の時間における指導事例の提示−
論文 梗概
No.531 「共生と自立」の視点に立った生き方探究教育のさらなる充実を求めて
−「自己理解能力・将来設計能力」を育てる指導の実際−
論文 梗概
No.532 LD等の発達障害のある子どもの「個別の指導計画」の具体的な在り方
−支援の計画を授業場面で活かす具体的な指導事例−
論文 梗概
No.533 すべての子どもたちの確かな学力の定着をめざして III
−読書習慣を支える「背景」をさぐる−
論文 梗概

■平成19年度    
 − 一人一人の子どもを徹底的に大切にする教育の推進のために −

はじめに 研究紀要発刊にあたって 京都市総合教育センター 所長 砂田 信夫
No.517 国語科における小中9年間の「書くこと」の系統性を踏まえた具体的な指導・支援の在り方
〜自分の考えを明確にした文章を書く力を育てるために〜
論文 梗概
No.518 資料を読み解き,自らの考えを深める子どもの育成をめざして II
〜Thinking Chart を活用した小学校第6学年社会科の実践を通して〜
論文 梗概
No.519 算数・数学科における,筋道立てて考えたり,自分の考えを表現したりする力を育成するための具体的な指導の在り方
〜小中9年間の系統性を踏まえた算数・数学科における文章題の指導を通して〜
論文 梗概
No.520 実践的コミュニケーション能力の基礎を養う小中一貫した英語教育の在り方を求めて II
〜「自己表現活動」を生かした中学校第2学年英語科の実践と指導計画の検討を通して〜
論文 梗概
No.521 「いのち」を大切にする心をはぐくむ教育プログラムの開発
〜道徳の時間における資料の工夫を通して〜
論文 梗概
No.522 LD・ADHD・高機能自閉症等支援の必要な子どもの「個別の指導計画」の具体的な在り方
〜「機動的な個別の指導計画」とは〜
論文 梗概
No.523 望ましい生活習慣の形成をめざして
〜プログラムをもとにした指導の在り方〜
論文 梗概
No.524 互いの人権意識を高め合う子どもたちの姿をめざして
〜プログラムをもとにした指導の在り方〜
論文 梗概
No.525 すべての子どもたちの確かな学力の定着をめざして II
〜子どもたちの学力を支える「背景」をさぐる〜
論文 梗概

■平成18年度    
 − 一人一人の子どもを徹底的に大切にする教育の推進のために −

はじめに 研究紀要発刊にあたって 京都市総合教育センター 所長 梶村 健二
No.508 資料を読み解き,自らの考えを深める子どもの育成をめざして
〜言語化の活動を取り入れた小学校5年社会科の実践を通して〜
論文 梗概
No.509 子どもたちが意欲的に取り組む算数・数学教育の在り方 II
〜9年間の子ども理解をふまえた算数的・数学的活動を生かして(図形編)〜
論文 梗概
No.510 実践的コミュニケーション能力の基礎を養う小中一貫した英語教育の在り方を求めて
〜中学校1年英語科の実践と指導計画の検討を通して〜
論文 梗概
No.511 保・幼,小の連携を充実させるための具体的な取組の在り方
〜「育ちや学びの連携カード」をもとにして〜
論文 梗概
No.512 スポーツを大切に思う子どもを育てる指導を求めて
〜「総合運動部」の取組を通して〜
論文 梗概
No.513 望ましい生活習慣の形成をめざして
〜子どもたちと共に,今できることは〜
論文 梗概
No.514 すべての子どもたちの未来を拓く生き方探究教育(キャリア教育)とは II
〜小学校6年社会科,中学校3年社会科の実践を通して〜
論文 梗概
No.515 豊かな人間関係を築き,高め合う学習集団の育成をめざして
〜確かな児童理解に基づいた学級マネジメントとは〜
論文 梗概
No.516 すべての子どもたちの確かな学力の定着をめざして
〜子どもたちの学力を支える「背景」をさぐる〜
論文 梗概

■平成17年度    
 −今を生き,次代を拓く確かな力をはぐくむために−

はじめに 研究紀要発刊にあたって 京都市総合教育センター 所長 梶村 健二
No.501  伝え合う力を育てるための国語科教育の在り方U
〜「聞く能力」を高め合う小中一貫学習指導計画例の開発〜
論文 梗概
No.502 子どもたちが意欲的に取組む算数・数学教育の在り方
〜小中一貫指導をふまえた算数的・数学的活動の開発(図形編)〜
論文 梗概
No.503 保・幼 , 小の連携を充実させるための具体的な取組の在り方
〜なめらかな接続をめざして〜
論文 梗概
No.504 すべての子どもたちの未来を拓くキャリア教育とは
〜小・中学生の勤労観・職業観を含む生き方についての意識調査から〜
論文 梗概
No.505 スポーツを大切に思う子どもを育てるスポーツ指導を求めて
〜児童のスポーツ活動の現状を把握するための実態調査〜
論文 梗概
No.506 すべての子どもたちの確かな学力の定着をめざして
〜児童生徒の学力定着調査・意識調査と保護者の意識調査の分析を通して〜
論文 梗概
No.507 学力保障につながる授業改善をめざして
〜教員の授業力向上のためのe-learning〜
論文 梗概

■平成16年度     
−今を生き,次代を拓く確かな力をはぐくむために−Vol.1
−今を生き,次代を拓く豊かな心をはぐくむために−Vol.2

はじめに 研究紀要発刊にあたって 京都市総合教育センター 所長 谷口 賢司
No.492 小・中連携教育の在り方
−アンケートを通して探る連携を充実させるための条件−
論文
No.493 子どもたちが「算数・数学のよさ」を感じ意欲的に取り組む学習の実現(2年次)
−算数的・数学的活動を重視した小中一貫学習プログラム例の開発−
論文
N0.494 伝え合う力を育てるための国語科教育の在り方
−「話すこと・聞くこと」領域における小中一貫学習指導計画の開発−
論文
No.495 実践的コミュニケーション能力の系統的育成を図る英語学習の在り方II
−中学校におけるタスクを中心とした学習プログラム例の開発−
論文
No.496 「授業力」をつけるためのビデオセットの開発
−いつでもどこでも研修に活用できるビデオと資料のパッケージ−
論文
No.497 主体的に読書活動をする子どもの育成をめざして(2年次)
−学校図書館の機能を活かした年間計画と読書活動の試み−
論文
No.498 小学校における心に響く道徳の時間の展開II
−道徳的な成長を見取るための評価の在り方−
論文
No.499 小・中学生の生活実態調査
−京都の子どもたち3,000人の“今”II−
論文
No.500 就学前教育と学校教育の連携・協力の充実をめざして
−保・幼・小の教職員の意識調査とフィールド調査からみた現状と課題−
論文

■平成15年度     
−今を生き,次代を拓く確かな力をはぐくむために−Vol.1
−今を生き,次代を拓く豊かな心をはぐくむために−Vol.2

はじめに 研究紀要発刊にあたって 京都市総合教育センター 所長 谷口 賢司       
No.483 主体的に問題を解決する子の育成をめざした理科教育の在り方U
科学的な見方・考え方を育成する小中一貫した学習プログラムの開発
論文
No.484 子どもたちが学びのよさを感じ意欲的に取り組む算数・数学教育の在り方
−系統性を踏まえた小中一貫学習プログラムの開発−
論文
No.485 実践的コミュニケーション能力の系統的育成を図る英語学習の在り方
−タスクを中心とした学習プログラム(中学校第1学年)の開発−
論文
No.486 授業の工夫改善につながる学習評価V
−「総合的な学習の時間」における評価規準設定の考え方−
論文
No.487 ADHD及びその周辺の児童に対する教育的支援のあり方U
−校内での連携,協力及びそれを支援していくシステムの検討−
論文
No.488 主体的に読書しようとする子どもの育成をめざして
−学校教育すべての活動の中で取り組む読書活動年間計画の開発−
論文
No.489 小学校における心に響く道徳の時間の展開
−地域と結びついた学習活動と関連を図った総合単元的な試み−
論文
No.490 子どもの学習意欲を高める学習指導の在り方
−小学校学級担任の学習指導に対する意識調査を通して−
論文
No.491 小・中学生の生活実態基本調査
−京都の子どもたち3000人の゛今゛−
論文

■平成14年度     
−今を生き,次代を拓く確かな学力を育むために  Vol.1−
−今を生き,次代を拓く豊かな人間性を育むためにVol.2−

はじめに 京都市立永松記念教育センター 所長 清水 武
No.472 授業の工夫改善につながる学習評価U
−自己教育力を高める自己評価活動の在り方−
論文
No.473 主体的に問題を解決する子の育成をめざした理科教育の在り方
小・中学校の系統性を生かした指導計画の開発
論文
No.474 情報手段を主体的に活用する子どもの育成
各教科における情報手段の活用場面とコンピュータの活用能力との関連を図った学習展開
論文
No.475 子どもの学習意欲を引き出す多様な学習指導・学習活動の在り方
−主体的な学習を支えるための児童・生徒の学習意欲調査−
論文
No.476 教員自らが力量を高めるための研修の在り方
−アンケート調査が示す効果ある研修−
論文
No.477 学校と家庭の連携・協力の充実をめざして
−子どもと保護者の意識調査からとらえた家庭教育−
論文
No.478 ADHD及びその周辺の児童に対する教育的支援のあり方
−個に応じた指導と受容する集団作りへの手立て−
論文
No.479 中学校における心に響く道徳の時間の展開II
−職場体験と結びついた道徳の時間の学習プログラム−
論文
No.480 中学校における「心の健康」を育む運動部活動の在り方
−自尊感情を高め,自己実現を支援する運動部活動のモデル−
論文
No.481 中学校における人権学習の展開に向けて
−教科・領域における人権の視点と教科学習での試み−
論文

■平成13年度
―小学校における「生きる力」の育成をめざしてVol.1―
―中学校における「生きる力」の育成をめざしてVol.2―

はじめに 京都市立永松記念教育センター 所長 清水 武
No.461 授業の工夫改善につながる学習評価
−1単位時間の観点別学習状況の評価の在り方−
論文
No.462 生活・意識調査が示す小学校1年生のすがた
−子どもの自己肯定感を高め,共感し合う学級集団をつくるために−
論文
No.463 小学校国語科入門期における基礎・基本を大切にした授業のあり方
−伝え合う活動を通して確実な『ひらがな文字』習得をめざす学習プログラム−
論文
No.464 コンピュータの活用能力を育成する学習プログラムU
−総合的な学習の時間に実施する各学年15時間の系統的な学習−
論文
No.465 小学校における人権学習の展開に向けてU
−男女平等についての学習プログラムと教科・領域における人権学習の内容−
論文
No.466 「特色ある学校づくり」を支援するカリキュラムセンター機能の開発に向けて
−カリキュラム編成(ボランティア学習)の試行とサポート機能の開発に向けて−
論文
No.467 中学校における指導と評価の一体化をめざす学習評価の在り方
−目標分析からすすめる学習展開例−
論文
No.468 中学校英語入門期の指導の在り方
−英語学習への関心と意欲を高める学習プログラムの開発−
論文
No.469 中学校における心に響く道徳の時間の展開
−体験を生かした中学校第1学年(35時間)学習プログラム−
論文
No.470 中学校における「心の健康」を育む保健学習の在り方
−ライフスキルや態度の育成をめざした第1学年の学習プログラム−
論文

その他,お問い合わせは研究課までどうぞ。


Copyright (C) 2002 Education Center,department of Research.Kyoto City Board of Education.All rights reserved.