研究課 ロゴ
  研究課について

ノートとえんぴつのカット
 本市「学校教育の重点」に示された教育課題を解明し,解決の方向を探るために,教育委員会関係各課と連携し,各学校の御協力を得て教育調査や教育研究に取り組んでいます。
 そして,その成果を全市立学校・園及び全国の教育関係機関に提供しています。

平成26年度研究テーマ 研究担当
京都や地域で学ぶ強みを生かす子どもの育成
−京都や地域再発見につなげる「伝統と文化」に係る学習の構想−
今井 大介  研究員
小学校音楽科における主体的・創造的に取り組む力の育成を目指して
−子どもの発達の段階に応じた,鑑賞と音楽づくりの関連の在り方−
日比 淳子  研究員
子どもの学ぼうとする意欲を高め,確かな学力の向上を図るために
−わかる喜びと学ぶ楽しさを実感できる授業の在り方−
森 文子  研究員
中学校理科における主体的な観察・実験を通した科学的な思考力の育成
−「Re-モデル」に基づく観察・実験を中心にした単元の構成−
三枝 祐行  研究員
主体的にキャリア形成に取り組むことができる子どもの育成
−中学校における家庭学習の在り方と,自学自習できる力を育てるシステムづくり−
上畑 直久 研究員
LD等通級指導教室の『運営』&『活用』ガイドの構築
−児童の読字・書字のつまずき把握と指導・評価を通して−
景山 功一  研究員
小・中学校における効果的な英語インプットのあり方に関する研究
−“KYOTO English Shower”Project Plan の開発と提示−
矢野 智子 主任研究員

今年度の各研究内容につきましては,NewsLetterも併せてごらんください。

Copyright (C) 2002 Education Center,department of Research.Kyoto City Board of Education.All rights reserved.