Welcome!

★ ご案内

★ ニュース

★ カリセン通信

★ 新着資料情報

★ 小・英語リソース

★ 京都発 !
研究開発ブックレット

★ お問い合わせ

★ ホームへ

★ 教育センターへ

■ トピックス  フレッシュせんせい授業交流会 ■ 教育研究ワークショップ

★ ------------------------------------------

■ 「フレッシュせんせい実践力アップ教室」

今年度、この講座は研究課の企画講座として継続しています。
内容等お問い合わせは研究課(Tel.371-2705)までお願いします。

Click to PDF!

■ 平成20年度「フレッシュせんせい授業交流会」

★平成19年度の「フレッシュせんせい授業交流会」はこちらのとおり終了しました。

この研修会は毎回テーマに沿ってお互いの実践を交流し,学び合う会です。
毎回2〜3人の先生方の実践報告をもとに,少人数でのグループ討議や全体会の時間をもちます。
そこで,お互いの取組での工夫や悩みを気軽に出し合い,明日からの実践に役立てていけるような学び合いを大切にしています。

★ 第6回「交流会」について

 今年度の最後の交流会になります。毎回テーマに沿って,お互いの実践交流をしてきましたが,今回は,これまでの授業実践や子どもたちの成長,なにより自分自身の学びを確かめる会にできたらと考えています。
確かな授業づくりとは…,と追究してきたこの一年を振り返り,学び合いましょう。

 事前の申し込みは必要ありませんので気軽にご参加ください。

ご案内のダウンロードはこちらです。

第1回
(終了)
5月16日(金)「学級を『学習集団』に高めるために」
第2回
(終了)
7月 3日(木)「豊かな『子ども理解』をするために」
第3回
(終了)
9月 4日(木)「確かな『教材理解』をするために」
第4回
(終了)
11月 6日(木)「子どもの『学習意欲』を高めるために」
第5回
(終了)
1月22日(木)「子どもの『活発な発言』を引き出すために」
第6回
3月 5日(木)「確かな授業づくりの中で大切にしてきたこと」
Next Meets:

March. 05
会場 : 京都市総合教育センター1F 第1研修室(各回とも)
時間 : 18:45〜20:30

「授業力を高めるための4つの視点」をテーマに、

実践交流をすすめています。

確かな授業づくりを進めるために,どのような視点が大切なのでしょうか。
フレッシュせんせい授業交流会では,毎回「授業力を高めるための4つの視点」から一つのテーマを取り上げ,実践交流をしています。

<授業力を高めるための4つの視点>
<昨年度参加された方の感想より>
<第1回交流会に参加して> 「聞く」から「聴く」へのお話は,とても心に残りました。学習集団にしていく上で,ベースになる部分だと思いました。私自身も子どもの思いや気持ちを「聴く」ことを大切にしたいと思いました。
<第2回交流会に参加して> 子どもから出ているサインを見逃さず,子どもの心の変化に気付くようにしたいと思います。自分の長所(得意なこと・好きなこと)で子どもたちとコミュニケーションを図ると,教師も子どももうちとけてくるお話を聞かせてもらい,参考になりました。
<第3回交流会に参加して> 教材を「山」にたとえたとき,子どもがつまずくかもしれない「危険箇所」の確認を,子どもの目線から行うという視点が足りないことに気がつきました。また,作品の主題に迫る教材理解を進めたいと思いました。
<第4回交流会に参加して> 板書は「導入」「展開」「まとめ」と3段階に分けて計画を練ることや,子どもの意見を大切にする板書の仕方などを教えてもらいました。これから実践していきたいと思います。

《フレッシュせんせい授業交流会では,特に「学びあう」雰囲気を大切にしています》
 「フレッシュせんせい授業交流会」は,「お互い気さくに話せる」「同じようなことで悩んでいる先生方のお話もきけて,がんばろうと思った」「工夫されている例をぜひ実践し,また交流会に参加したい」という感想もあるように,和やかな雰囲気の中にも,教師仲間として情報を交換しあい,お互いに高まりあうことができる会です。

 ぜひ,ご参加下さい。


- Curriculum Development Supporting Center Kyoto -