Welcome!

★ ご案内

★ ニュース

★ カリセン通信

★ 新着資料情報

★ 小・英語リソース

★ 京都発 !
研究開発ブックレット

★ お問い合わせ

★ ホームへ

★ 教育センターへ

 京都発 ! 確かな教育実践のために
研究課・カリキュラム開発支援センターで研究開発してきた成果をまとめたブックレットです。
これら「京都発!」すべての印刷物・ディスク資料は市立学校・園に配布しておりますので,研修資料などにどうぞご活用ください。

オンラインでも閲覧・ご活用いただけるようにここで公開することにしました。表紙の写真が冊子への入り口になっています。
各資料はプリントしてお使いいただけるようになっています。体裁を維持するべきものについてはpdfで登録しています。
また,CD/DVDで提供している関連コンテンツもイントラネット内では閲覧できるものがあります。


■ 京都発 ! 1
 小学校英語活動 Q&A

英語を用いて積極的にコミュニケーションを図ろうとする子どもを育てるための22のヒント。
小学校英語活動の出発点から中学校英語との違い,指導計画の必要性,タスクの意味,ALTとの打ち合わせのポイント,目指す子ども像などについてを問答集形式でまとめました。

■ 京都発 ! 2
 中学校道徳実践事例集

道徳の時間を充実させ「心に響く」ものとするために。
「事前道徳・体験・事後道徳」というひとつのまとまり(ユニット)を通し,道徳の時間のねらいとなる価値を自分の体験と結びつけて考えられるような展開を心がけた実践事例集です。
10ユニット20時間分。

■ 京都発 ! 3
 ポジティブ子育て応援ノート

データで見る京都市の家庭教育。子どもは家庭の中で基本的な「生きる力」を身につけ,「豊かな人間性」を育んでいきます。そのためには,家庭教育を担っている保護者自身が子どもとともに豊かに育っていこうとする前向き(ポジティブ)な意識で子育てをしていくことが大切です。
そうした意識を持ってもらえるよう,学習会や懇談会で利用できるテキスト・資料としてまとめました。ダウンロードしてプリントするなどして活用なさってください。

■ 京都発 ! 4
 情報リテラシーを育む学習計画

教科学習と結びつけて年間15時間ですすめるための実践例。
「情報リテラシー」を育てていくためには,子どもたちにコンピュータやネットワークを「いつ」どこで」「どのように」して活用させればよいのでしょう。
この学習計画は,コンピュータの活用能力をスキルとモラルの2つの観点から整理して,学年での教科学習と関連・整合性をもたせて作成したものです。

■ 京都発 ! 5
 小学校読書活動

国語科の学習と関連させて読書活動を充実させるために 全小学校国語科教科書に取り上げられている教材,参考図書図書すべてをまとめた
第1〜6学年のブックリストです。

■ 京都発 ! 6
 学びの町きょうと !

京都の町に脈々と息づく町衆の力。長い歴史をきざみ豊かな文化を醸成してきた京都の町。
ここから学ぶことのできる素材や学びの場を紹介・掲載しています。

■ 京都発 ! 7
 「タスク」を中心とした22の学習プログラム例

すべての生徒に確かな力を育てていくための工夫・改善のひとつの試みです。
中心となる文法項目,言語の働き,話題,場面,本誌指導計画に合わせた指導時期を一覧表で示し,ユニットごとの指導案を紹介しています。
タスクをより効果的な学習活動とするために,「プレ・タスク」「ポスト・タスク」の活動例もあわせ紹介します。
学校にお配りしたこの冊子には,ユニットごとの指導案と教材を収めたCD-ROMをセットしてています。学校や生徒の実態に合わせて工夫を加えご活用いただけるようにしています。

■ 京都発 ! 8
 授業力の向上にむけて大切にしたい視点

若い先生たちの授業への思いを受け止め立ち上げた「フレッシュせんせい授業交流会」で大切にしてきた視点をまとめています。

  • 授業力とはなんなのか?
  • 授業力を高めるために大切にしたい視点とは?
  • 指導案とは?
  • なんのために指導案を書くのか?
  • 指導案を作成する上で大切なことは?

  • ■ 京都発 ! 9
     子どもたちの学びをささえるために

    子どもたち一人一人の豊かな学び・育ちを支えるためには,学力実態や学習に対する意識などについて把握することが大切です。
    京都市での学力定着度調査と意識調査の分析から,この学びを支えるための話題を提案しています。

  • 保護者会や学習会での学びの場で。
  • 校内の研修で。
  • 子どもたち一人一人に届く教育実践の推進のために。
  • 3種類のデータをリンクさせて分析しました。

  • ■ 京都発 ! 10
     子どもにいきる部活動のために

    子どもと指導者の意識調査から考える部活動の在り方をまとめたブックレットです。

  • 指導者の感じていることは?願いは?
  • 子どもたちはスポーツに何を望み,どのようなことに悩んでいるのでしょう?

  • ■ 京都発 ! 11
     学びのつながりからみる小中連携

     校種間連携や一貫教育においては,子どもたちの「学び」をつなぐことが大切です。
     子どもの学びの「いままで」と「これから」を見通すことができるための試みとして「留意点系統図」をつくってみました。
     小中9年間の流れの中で子どもの「つまずき」の道筋をたどってみます。

    ■ 京都発 ! 12
     机間指導のツボ

     日々の授業の中で,参観してもあまりわからない部分にスポットをあててその本質をさぐってみました。
     机間指導の場面では,子どもと先生がさまざまなやりとりをしています。そこでは,どのようなことが行われているのでしょうか。2つの点から,この机間指導の場面を考えます。担任の先生は,

  • なぜ,その子のところへ行くのでしょう。
  • なぜ,その指導をするのでしょう。

     また,実際の机間指導の場面を視聴しながら考えられるようにビデオ資料とワークシートも用意しました。オンラインでも提供しています。

  • 本コンテンツは,本市教員に対する研修効果を高めるため,映像・音声の加工を行っていません。
    従って,CD版を含め,本コンテンツの複写・及び学校外での使用を禁止します。
    (本コンテンツ作成・掲載に当たっては当該保護者・児童の了解を得ています。)
    ■ 京都発 ! 13
     学級を学習集団にはぐくむために

     子どもたちの学びや個性の伸張を保障するためには,確かな子ども理解に裏づけられた学級経営が必要です。そのためには子どもたちの思いや人間関係を知り,意図的に取り組んでいくことが必要です。
     学級での「学習の場」「生活の場」での子どもたちの意識をアンケートでとらえ,学級を学習集団にはぐくむことを目標とした取り組んだ学級経営の例を紹介しました。
    また,ここで使ったアンケートや集計表などもブックレットに添付しており,オンラインでも提供しています。どうぞご活用ください。

    ■ 京都発 ! 14
     つながる!深まる! Thinking Chart
      〜小学校社会科(高学年)の実践を通して〜


     社会科学習では,子どもたちが自分の力で資料を読み取り,社会的な事象についてさらに理解を深める方法を身につけることが求められています。そのための工夫として思考の発達段階における言語の果たす役割に着目し,短い言葉で書き表した「語」を操作する活動として“Thinking Chart(Tチャート)”の手法を考え出しました。
     Tチャートとは,学習した内容を「付箋紙」に書き残し,それらを画用紙上で関連づけながら配置し,線で結ぶことにより,学習内容相互の関連を一目で把握できるようにしたものです。このTチャートの作成過程そのものが,学習内容を理解したり,自分の考えを深めたりする上で有効な手だてとなります。
     この冊子では,Tチャートの作成手順とともに,作成したTチャートをもとに自分の考えをどのようにまとめたり表現したりしたのか,具体的な指導事例を紹介しました。どうぞ,ご活用ください。

    ■ 京都発 ! 15
     小学校英語活動 こんなふうに始めてみよう!


     京都市では年間35時間の英語活動が始まりました。
    「小学校英語活動」のめざすものはどのようなことなのでしょうか。
     英語活動で行われる主な活動のうち,「歌・チャンツ」「ゲーム・クイズ」「絵本の読み聞かせ」の3種類について,活動を進める際のポイントや指導上の留意点はどのようなことなのでしょうか。
    実際の授業記録を織り交ぜながら,これらの点についてまとめてみました。校内研修などでも,どうぞご活用ください。

    本コンテンツは,本市教員に対する研修効果を高めるため,映像・音声の加工を行っていません。
    従って,各学校に配布したディスク版を含め,本コンテンツの複写・及び学校外での使用を禁止します。
    (本コンテンツ作成・掲載に当たっては当該保護者・児童の了解を得ています。)
    ■ 京都発 ! 16
     授業作りに活かす個別の指導計画の作成と運用


     LD等の発達障害のある子どもたちが普通学級に約6%の割合で存在するといわれています。ひとりひとりを徹底的に大切にするという点からみて,これらの子ども達の学習指導には特に工夫が求められます。
     そこで,学校組織全体で子どもの情報を共通理解し,適切な支援を継続して行うことができるための「工夫」として,個別の指導計画に基づいた実践授業研究に取り組んできました。この冊子ではそのための「機動的な個別の指導計画」を紹介しています。
     さらに,この計画を授業づくりに活かすためには「環境設定」や「指導者の姿勢」が大切です。これらについての点検表も掲載しました。
    どうぞご活用ください。
    (※)PDFには用紙設定がA4/A3の2種類で混在していますのでご注意ください。横長のものはA3を想定して製作しています。これをA4にプリントすると周囲が切れたり文字が極端に小さく読みづらくなったりします。

    ■ 京都発 ! 17
     未来の樹を育てる生き方探求教育(キャリア教育)


    京都市では,キャリア教育を,「地域・社会とのかかわりの中で生き方を考え,生きる力をはぐくむ」生き方探究教育として,取組を進めています。
    そこで,研究課では,子ども一人一人のキャリア発達を支援することができるよう,キャリア発達課題の一覧表や,生き方探究教育で育てたい“ 5領域の力”と,小学校における各教科等の学習内容との関連表を作成しました。
    また,「生きること」「働くこと」にかかわる学習活動に重点をおき,人や社会とのつながりを意識した体験的な学習を組み込んだ,自己の夢をつくりあげる力(自己理解能力・将来設計能力)をはぐくむ指導の在り方について,実践授業研究に取り組んできました。
    この研究を基に,生き方探究教育の概要,学校体制としての推進,小学校における実践事例について紹介しています。
    どうぞご活用ください。
    (※)PDFには用紙設定がA4/A3の2種類で混在していますのでご注意ください。本文中で横長のものはA3を想定して製作しています。これをA4にプリントすると周囲が切れたり文字が極端に小さく読みづらくなったりします。

    ■ 京都発 ! 18
     小学校英語活動 こんなふうに始めてみよう!II / タスク編


     先に発行したした「Vol. I」では小学校英語活動で行う活動の3つの要素について紹介しました。単元構成を考えるとき,これらは「タスク」につながっています。
    では,「タスク」とはどのようなものなのでしょう。
    また,「タスク」を行う上で大切なことは,どのようなことなのでしょう。
    実際の授業例を参考に,これらのことを考えていくことができるように制作しました。
    どうぞご活用ください。

    本コンテンツは,本市教員に対する研修効果を高めるため,映像・音声の加工を行っていません。
    従って,各学校に配布したディスク版を含め,本コンテンツの複写・及び学校外での使用を禁止します。
    (本コンテンツ作成・掲載に当たっては当該保護者・児童の了解を得ています。)
    ■ 京都発 ! 19
     情報教育スタンダード
    子どもの主体的な学びを実現させる,ICT活用の実際 

    新しい学習指導要領では,我が国の子どもの課題を踏まえ,子どもが主体的に課題を解決していく力を育むことに重点が置かれています。その実現に当たっては,情報手段(ICT)を適切に活用することをはじめ,様々な方法で相手意識をもちながら,情報を集めたり,まとめたり,伝えたりすることができる力を育成していく必要があります。
    そこで,情報活用の実践力を各教科等の学習の中で効果的に育成していくために,「情報教育スタンダード(私案)」を作成しました。そこでは,「小学校卒業時までに確実に身に付けておくべきICTの基本操作及び適切な活用の系統表」を示しています。

    ■ 京都発 ! 20
     規範意識を育む活動プログラム例 


    保育所・幼稚園から中学校までの各発達段階に応じた「規範意識を育むために付けたい力」を示した上で,道徳,学級活動,各教科等の集団活動を有機的に関連させて構成した,小・中学校の「活動プログラム例」を掲載しました。
    具体的には,宿泊学習やかかり活動などを活用した小学校の低・中・高学年別活動プログラムを6つ,宿泊学習などを活用した中学校の学年別活動プログラムを3つ掲載しています。校内研修会等でもご活用いただければ幸いです。

    ■ 京都発 ! 21
     探究的な学習を充実させる総合的な学習の時間の単元展開 

    〜学年の系統化及び言語活動の充実を図って〜


    平成23年改訂の教育課程では,これまで総則に含まれていた「総合」が新たに第5章として独立し,目標に「探究的な学習」を行うことが明確に位置づけられています。「探究的な学習」を通じて,子どもたちに「学び方」や「課題や対象についての明確な考えを表現すること」を身につけさせ,その中で「生きる力」がはぐくまれるよう求められていると考えることができます。
    そこで,新しい教育課程が完全実施となって2年が経過したいま,京都市の現状を調査し,調査結果を基に構想した「探究的な学習を充実させるための単元展開」をコンパクトにまとめました。子どもたちの探究活動が繰り返され,学びを楽しみ深めていくことのできる「総合的な学習の時間」が京都市のすべての学校で展開されていくことを願っています。

    ■ 京都発 ! 22
     中学校社会科 課題解決学習を充実させる学習モデル 


    中学校・学習指導要領では「国際社会に生きる平和で民主的な国家・社会の形成者として必要な公民的資質の基礎を養う」ことが求められています。
    この冊子では,その目標に向かった「課題解決学習を充実させる学習モデル」について紹介し,中学校社会科の授業改善に役立つとともに,生徒の「生きる力」を育むことにつながることを願っています。

    ■ 京都発 ! 23
     各教科等における,系統的,計画的な学校図書館の活用 


    京都市の「平成26年度学校教育の重点」では,各教科等で積極的に学校図書館を活用することが重点項目の一つに挙げられています。「読書センター」という側面とともに,「学習・情報センター」としての活用が大切です。そこで,研究課では「学校図書館の活用を通してつけたい力系統表」や「学校図書館活用計画例」を作成し,それらを使った授業研究を行ってきました。
    この研究を基に,学校図書館の機能や各教科等における活用の意義,小・中学校での実践事例について紹介しています。各学校で目的をもった学校図書館活用を推進するための一助となることを願っています。

    ■ 京都発 ! 24
     科学的な思考力を育成する観察・実験の在り方 


    「仮説検証型『Re-モデル』・理論適用型『Re-モデル』の組み合わせをベースに、観察・実験への目的意識の高め方と結果を分析・解釈し表現する指導の在り方を紹介します。

    ■ 京都発 ! 25
     子どもの発達の段階に応じた鑑賞と音楽づくりの関連の在り方 


    鑑賞をきっかけに即興演奏を試み、まとまりのある音楽を作る学習にふたたび鑑賞を取り入れるというサイクルの中で、子どもの発達段階に応じた題材を貫く「共通事項」に示された「音楽を形づくる要素を設定する」具体的な実践例を紹介します。

    ■ 京都発 ! 26
     子どもの学ぼうとする意欲を高め、確かな学力の向上を図るために 


    「見通し・振り返り学習活動」の充実は「わかる喜び」と「学ぶ楽しさ」を実感できる授業の在り方として重要な活動であることがわかってきました。この学習活動のための「理解度カード」や「プランニングシート」例を提示します。

    ■ 京都発 ! 27
     主体的にキャリア形成を図り自学自習できる子どもを育てるための「将来を見通した学びを考える力」を育む活動プログラム例 


    中学生の家庭学習に関する実践研究の中で「『将来を見通した学びを考える力』を育む活動プログラム例」がうまれました。この実践事例をあげながら、各教科・領域の授業での取組を有機的につなぐための「生き方探究教育(キャリア教育)」の視点と子どもたちの家庭学習習慣を育むために必要な視点を提示します。

    ■ 京都発 ! 28
     京都や地域で学ぶ強みを生かす子供の育成 


    学習指導要領に示されている「伝統と文化」に関する内容のを具体化する授業の構想について、京都市でこのテーマに関連する教育活動ができると考えられる単元・題材・主題の一覧表を制作しました。また、それらの実践例を紹介しています。

    ■ 京都発 ! 29
     LD等通級教室の「運営」&「活用」ガイド 


    本市の学校に通う児童生徒が,可能性を最大限に伸ばし,自立し,社会参加するための必要 な能力を身に付けられる 持続可能なLD 等通級指導教室の『運営』』 に向け,研究 実践の事例を含めて本書を作成しました。

    - Curriculum Development Supporting Center Kyoto -