image


【京都市青少年科学センタ-】

平成30年度 一般投映番組スケジュール

3月2日~5月6日 4園館連携企画番組 星空のいきものかん-水中のいきもの&しょくぶつ編-
5月8日~7月10日 「夫婦の星と七夕の星」
7月14日~9月12日 西郷星さいごうぼし -明治の人が見た火星-
9月14日~12月12日 Shootingシューティング Starスター -流れ星に願いを-
★番組期間特別展示予告
9月15日~12月12日 「いん石と星の刀」

流れ星の番組期間中に,いん石やいん石でできた刀の展示を予定しています。
※展示の詳細はこちら
12月14日~3月6日 「クイズ!星の回転 -スピン・すぴん・SPIN-
2019年3月8日~ 「すごいぞ!宇宙望遠鏡」



平成30年度 一般投映番組の内容

4園館連携企画番組
星空のいきものかん -水中のいきもの&しょくぶつ編-

2018年3月2日(金)~5月6日(日)

星空のいきもの図鑑シリーズの第2弾です。今回は水中のいきものや植物に関係するものを取り上げ,京都水族館や京都府立植物園の方にもコメントをいただきます。星空にかくれたいきものたちの姿に注目してみましょう。

※京都市動物園,京都府立植物園,京都水族館,京都市青少年科学センタ-の4園館は,包括交流連携協定を締結し,様々な連携事業を実施しています。


▼番組紹介動画

夫婦の星と七夕の星

2018年5月8日(火)~7月10日(火)

春の夫婦星として知られるアルクトゥルスとスピカ。七夕の星として知られるベガとアルタイル。それらの星に古くから伝わるお話を紹介するとともに,現代の天文学者が調べ上げたそれぞれの星の意外な特徴を紹介します。


▼番組紹介動画


西郷星さいごうぼし -明治の人が見た火星-

2018年7月14日(土)~9月12日(水)

1877年9月ごろ,一部の人たちが空にとても明るく見えた火星を「西郷星」と呼びました。明治という新しい時代の幕開けを支えながらこの世を去った西郷隆盛から名付けられたものです。当時の星空をプラネタリウムで再現し,火星の大接近という現象を説明します。


▼番組紹介動画


Shootingシューティング  Starスター -流れ星に願いを-

2018年9月14日(金)~12月12日(水)

10月のりゅう座流星群,11月のおうし座流星群,しし座流星群,12月のふたご座流星群…と,この時期は流星群が目白押し。特にふたご座流星群は明るい流星が多く飛ぶので,どなたにもおすすめです。流星群だけでなく,いん石についても紹介します。


*10月21日(日)11:00~は「字幕付きのプラネタリウム」
 一般投映番組の解説に字幕をつけて投映します。
  一般団体の予約は不可。聴覚障害者を含む団体の予約は可能です。


クイズ!星の回転 -スピン・すぴん・SPIN-

2018年12月14日(金)~2019年3月6日(水)

夜空の星は,みんな回転しています。自分自身が回る自転,ほかの星や天体のまわりを回る公転,調べてみるとおもしろい回転,すごい回転,へんな回転,いろいろあります。クイズに挑戦しながら,星の回転について知識を深めましょう。


すごいぞ!宇宙望遠鏡

2019年3月8日(金)~

25年以上にもわたって宇宙の驚異的な姿を映し出してきたハッブル宇宙望遠鏡。そして,いよいよハッブルを大幅に上回る性能をもつ宇宙望遠鏡が打ち上げられます。その名は,ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡!どのような成果が期待されているのでしょうか?