image


【京都市青少年科学センター】

光の3原色と色の3原色

 そもそも,私たちが物を見ているときは,「光をそのまま見ている時(テレビ画面など)」と,「その物に当たってが反射した光を見ている時」とがあります。また,私たちの目に見える光には,その波長によって赤~紫までの虹のようないろいろな色があります。これらの光は,混ざると違う色の光に見えます。そして,このいろいろな色のうち,【赤】【緑】【青】の3色の光の混ぜ方次第で,あらゆる色の光を作ることができるのです。これが「光の3原色」です。例えば,【赤】と【緑】の光を混ぜると「黄色」の光になります。いろんな色の光をすべて混ぜると白色になります。太陽の光が普段白く見えるのは,いろいろな色の光(虹の時に現れる色)が混ざっているからです。

 私たちが身の回りの物を見るときは,「その物に当たってが反射した光を見ている時」がほとんどです。このとき,その物に当たった光のうち,「なに色の光を反射しているか」によってその物の「色」が決まります。例えば,「赤いリンゴ」なら当たった光のうち,「赤」の光だけを反射するので赤く見えているのです。このとき、赤以外の光は吸収しているのです。科学的には,「反射している光の色」ではなく,「吸収していない光の色」と説明するのが正しいのです。黒い物はすべての色の光を吸収しており,白い物はどの色も吸収しないのです。ややこしいですが,「赤いリンゴ」は「緑や青などの光を吸収している」のです。

 さて,では「光の3原色」と「色の3原色」を見比べましょう。「光の3原色」は前述のように【赤】【緑】【青】です。「色の3原色」はよく,「赤」「青」「黄」と言われますが,よく見ると「赤」は少し紫っぽく明るい色で,「青」は水色っぽい色です。これらは正確には【マゼンタ】【シアン】と呼ばれます。これと【イエロー(黄)】が「色の3原色」なのです。さらに、この【マゼンタ】【シアン】【イエロー】は、それぞれ「光の3原色」の2色を混ぜたときの色なのです。前述のように、「吸収していない光の色」ですから、例えば「赤を吸収する物」は「青と緑を反射するので、シアン色に見えるもの」になるのです。「光の3原色」のうちの一つを吸収したのが「色の3原色」となるのです。

« 一覧に戻る