image


【京都市青少年科学センター】

お天気ことわざin京都

「雲が愛宕さんへ参ると雨、お稲荷さんに参ると晴れ。」

 京都の街中からみて、雲が北西方向の愛宕山は流れると、その後に雨が降ります。また、雲が南東方向の伏見稲荷へ流れると、その後は晴れるということです。

「弘法さんが勝つか、天神さんが勝つか。」

 これは、弘法さん(東寺)の縁日(毎月21日)と天神さん(北野天満宮)の縁日(毎月25日)は、お天気の相性が悪いというのです。つまり、片方が晴れるともう一方では雨が降るということです。

 これらの言い伝えられたお天気ことわざを、観天望気(かんてんぼうき)といいます。他にも、「夕焼けなら明日は晴れ」や「ツバメが低く飛ぶと雨」「お茶碗にごはんつぶがひっつくと晴れ」などといいます。「ネコが顔をかくと雨」というのは、「...晴れ」という人もあります。こういったことわざが各地にありますが、本当に天気予報ができるのか不思議です。しかし言い伝えられてきたからには科学的な根拠があるのかもしれません。

 『愛宕さんとお稲荷さん』の関係を調べるために、京都で10mm以上の雨の降った日の前日にどんな風が吹いていたのかを2年間にわたって調べてみました。すると、前日に愛宕さんへ強い風が吹いていた日は、その傾向があるように見えます。そこで、気象の専門家に相談すると「ああ、それは京都のお天気の基本ですね」というお答えでした。一般に、天気は日本列島を西から東に移り、低気圧は左巻き高気圧は右巻の風が吹いていますので、科学的に説明ができます。ただ、実際には例外も多いようです。

 『弘法さんと天神さん』の方は、どうでしょうか。『京都気象100年(京都気象台発行)』の本で調べると、残念ながら合わないようです。それどころか、年末年始と秋の一時期を除いては、かえって相性が良いという傾向が出ています。どういうことでしょうか。言い伝えには根拠がないのでしょうか?

 天気予報に科学的な手段がなかった時代、わずかな手がかりを探して予想していたはずです。天候は、災害を防いだり農耕などに欠かせない重要な情報です。それだけに、昔からの言い伝えには根拠がないと言い切れないように思います。あなたも、気象に関する言い伝えについて調べてみませんか。

« 一覧に戻る