image


【京都市青少年科学センター】

日食って何?

日食はどのようにして,おこるのでしょうか?

部分日食

撮影場所:京都市青少年科学センター,デッキにて
撮影時間:2009年 7月22日(水) 午前11時2分

露出時間:1/1250秒
F値:22
ISO:200

日食時の様子

直接,太陽を見ることは大変危険なので,「太陽めがね」などの道具を使って観測しています。

日食とは何でしょう?

「日食」とは、月が太陽の前をよこぎる時、月によって太陽をかくしてしまう現象です。
日食には以下の3種類あります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




部分日食

太陽の一部をかくす日食は「部分日食」といい京都では2009年 7月22日に見られました
日食は、見る場所によって、どのくらいかくされるのか変わります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




皆既日食

太陽が月によって全部かくされるときの日食は「皆既日食」とよびます。
太陽が全部かくされた時,あたりは夜のように暗くなります。
また,太陽のまわりに広がる光「コロナ」を観察することができます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




金環日食

見かけ上,太陽のほうが月より大きく見える時があります。
その時, 月のまわりから太陽がはみ出して見えるときには「金環日食」といいます。京都では2012年5月21日に見られました(一部除く)

日食はどのようにして起こるのでしょうか?

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

月は地球のまわりを回っています。 地球は太陽のまわりを回っています。
その「太陽」と「月」と「地球が」一直線に並んだ時, 月の影が地球にうつることによって,地球上の一部で日食が見られます。

「太陽」と「月」は,大きさが400倍も違います。
しかし,地球から「月までの距離」と「太陽までの距離」は400倍離れているので,地球上からは,ほぼ同じ大きさに見えるのです。

月の直径:約3,500km
太陽の直径:約1,400,000km
地球から月までの距離:約380,000km
地球から太陽までの距離:約150,000,000km

次はいつ日食が見られるのでしょうか?

日本で見られる日食

日付 種類 見られる場所
2016年3月9日 部分 日本全国で見られる
2019年1月6日 部分 日本全国で見られる
2019年12月26日 部分 日本全国で見られる
2020年6月21日 部分 日本全国で見られる
2023年4月20日 部分 西日本の太平洋側で見られる
2030年6月1日 金環 北海道で金環,他の地域は部分日食
2031年5月21日 部分 九州南部から沖縄で見られる
2032年11月3日 部分 日本全国で見られる
2035年9月2日 皆既 能登半島~富山~関東で皆既,他は部分日食

« 一覧に戻る