image


【京都市青少年科学センター】

たくましいクマムシ

クマムシの驚異的な生命力

クマムシは分類上、環形動物と節足動物の間に位置すると考えられていて、北極、南極、熱帯、深海、高山と、全地球上から広範囲に見つかっています。またその生息地は淡水圏や海水圏にまで広がっていて、標高6600メートルのヒマラヤ山中から、水深150メートルの海底まで採取された報告があり、現在世界で500種以上のクマムシがいると言われています。クマムシの仲間は、ゆっくり歩く姿から緩歩(かんぽ:ゆっくり歩くという意味)動物と言われます。ふつう4対8本の脚をもち、その先端についた鉤爪を植物などに引っかけながら歩きます。通常は植物の組織液などを吸っていますが、中には肉食の種もあるそうです。陸生のものはコケの中などのじめじめした環境を好みますが、晴天が続き乾燥しても体を縮めて「樽状(樽型)」とよばれるクリプトバイオシス(潜伏生命、乾眠)の状態で耐えます。この樽状でのクマムシの環境に対する耐性は驚異的で、乾燥には数十年、高温(100℃)低温(-270℃)にも長時間耐えるという報告もあります。また、アルコールなどの有機溶媒や紫外線、X線などの放射線、真空状態にもある程度耐え、水に戻すと歩き出すそうです。信じられない生命力ですね。世界中どこにでも住めるわけです。

クマムシの観察

高速道路の壁についているコケを採集してきて、その中に住んでいるクマムシを観察してみました。クマムシをコケの中から取り出すのには、ベールマン法という方法を使います。まず、コケを細かくちぎって、底に小さな穴がたくさんあいている筒にいれます。それよりも少し口径の大きい、先が細くなっている筒に水を入れ、こけを入れた筒を浸します。こうしておくとコケの中の生き物が水中に泳ぎ出て、先の方に沈んでいきます。1時間ほどして先の方にたまった、沈殿物をスポイドで吸い取ります。顕微鏡の中のクマムシは、8本の脚をいそがしそうに動かしていました。なにかにつかまるのが好きなようなので、できるだけ、沈殿物がたくさんあるところを吸い取った方が、たくさんクマムシが見つかると思います。
さらに,ぬけがらがみつかると,セミの幼虫がそこの地面の下で生きていたことがわかります。セミの幼虫は,種類によって違いはありますが3,4年から6年の間,木の根から樹液をすって地下で生活しています。そして,終齢の幼虫になって羽化が近づくと,地上への出口となるたて穴を掘り準備をします。羽化の日,あたりが暗くなってきたら穴からはい出してきます。気に入った場所を見つけていよいよ羽化をむかえることになります。地面の所々に1cmほどの穴が見つかったら,それはセミの幼虫が地面の下から出てきた出口なのです。

« 一覧に戻る