image


【京都市青少年科学センター】

タシロラン

タシロランはどんなランか

タシロランはクロロフィル(葉緑素)がないため全体が白色で、わずかに花弁の一部に赤紫色の斑点があります。花は花茎の先で咲いている一方で、花茎の下では乾いた果実が裂けて種子が飛び散っていました。根は長径が3~4cmの楕円形で、ひげ根はありません。根の周りは、タシロランが栄養をもらっていると思われる白色の菌類によってマット状におおわれていました。
タシロランを発見した場所にはアラカシやマテバシイの常緑照葉樹やムクノキがあり、林床にはその落ち葉や草刈りで刈られた草が堆積していました。

タシロランの生態

菌根が花を咲かせるまでに何年かかるのかは不明です。しかし、花を咲かせた菌根がどうなるかはわかっています。
6月の下旬から7月中旬ごろに菌根から花芽を出します。花茎は最初、先の方を曲げた状態で地上に出てきます。地上に出ると花茎を真っ直ぐにのばしながら、花茎の下の方から順に花を咲かせていきます。そして、上の方の花が咲く頃には下の花には種子ができています。そして、2~3週間後には地上部だけでなく菌根も枯れてしまいます。

« 一覧に戻る