image


【京都市青少年科学センター】

逆立ちするふしぎなコマを作ってみましょう

 ふつう,ものは重いところが下の方になろうとしますが,コマは回っていると倒れない,つまり重いところが下の方に行きません。
 それだけではなく,重いところが上の方になる,つまり逆立ちするコマがあります。
 かんたんな材料でそんなふしぎなコマを作ってみましょう。

準備するもの

・はりがね(手で曲げられる程度の固すぎないものが良いでしょう。ここではアルミ製の太さ2㎜のものを使っています。)
・はりがねを切るためのニッパーかペンチ
・まるい形を作る型(アルミホイルの芯など)
・テープ(ビニールテープなど)
・テープを切るためのはさみ

作り方

 注意  はりがねを曲げるときなど,けがをしないように気をつけましょう。

1.はりがねの長さを決めて,切ります

 はりがねを,アルミホイルの芯などのまるい形を作る型に,ぐるりと一周まきつけます。

 さらに少しだけ重なるようにまきつけてから,はりがねを切ります。

2.はりがねを曲げて,形をつくります

 重なったところの真ん中で,はりがねの先を丸いはりがねの内側に曲げます。
 曲げるときは,はりがねの先でけがをしないように注意しましょう。

 もう片方も曲げて,下の写真のように形を整えます。

3.テープをはりがねにまきます

 テープを切って,はりがねにまきます。
 テープをまくことで,はりがねの先でけがをしにくくなり,まいたぶんだけ重くもなります。

5~10㎝切ります

完成!

遊び方

 このコマは,コインをはじいて回すときのように回します。
 コマのテープをまいて重くしたところを下にして,指で軽くおさえて立たせます。
 もう一方の手のコマの横をはじくようにして回します。

 成功すると重いところがどんどん上の方にきて回ります。

うまくいかないときは

 1.コマのかたちをきれいに整えましょう。
  たとえば,平らなところの置いて,上から手のひらでしっかりと押さえつけてみるといいでしょう。
 2.おもりとなるテープの長さを変えてみましょう。

 ほんの少しのかたちや重さの違いでうまくいったり,うまくいかなかったりします。
 いろいろためして回してみましょう。

なぜ逆立ちするの

 このコマは逆立ちするとき,だんだん「回転の軸(じく)」が変わっています。

 では,どのようにして回転の軸が変わるのでしょうか。
 このコマは回っているとき,下のまるいところが床とこすれますが,そのこすれる力を摩擦力(まさつりょく)といいます。
 摩擦力とコマの回転の力によって,コマの回転の軸が少しずつ変わり,最後には逆立ちしてしまうのです。
 身のまわりにある底のまるいもので回してみると,摩擦力と回転の力でおもしろい動きをするものがあるかもしれません。いろいろためしてみるといいでしょう。

« 一覧に戻る