image


【京都市青少年科学センター】

マジカル・カップ~さかさにしても水がこぼれない不思議なカップ~

必要なもの

  • プラスチックカップ
    少し硬い透明のプラスチックのカップを用います。ホームセンターなどで購入できます。
  • ストッキングタイプの水きりネット
    台所の三角コーナー用の水きりネットを用います。伸び縮みするストッキングタイプで目の細かいものを用意してください。カップの開口部より1~2cm大きめに切ってください。
  • プラスチック板
    プラスチック板なら何でもかまいません。下敷きを切って使ってもいいのです。カップの開口部より少し大きめで,カップをしっかりとふたできるぐらいの大きさに切ってください。
  • 両面テープ
    1cm幅の両面テープを用います。
  • ビニルテープ
    電気配線用のビニルテープです。何色でもいいです。好きな色を用意してください。

作ってみよう

1. カップの口のぎりぎりのところに両面テープを一周貼り付けます。

2. あらかじめ切り取っておいたネットを両手で少し引っ張りながら,カップの口にかぶせ,両面テープに貼り付けていきます。ネットがしわにならないように少しずつ引っ張りながら張るのがコツです。あまり強く引っ張るといわゆる「でんせん」が起こってしまいます。

3. 両面テープからはみ出したネットをていねいに切り取ります。

4. 両面テープやネットが見えないように,上にビニルテープを巻きつけます。




試してみよう

1. カップに水を注ぎます。水の量は適当でよいのですが,ここではほぼいっぱいに入れましょう。

2. カップにプラスチックの板をかぶせ,指でおさえながらさかさまにします。その時カップが傾かないように注意します。

3. プラスチックの板をおさえている指を静かにはなしてみましょう。板が落ちてきませんし,水もこぼれません。

4. 次は,プラスチックの板をそっと横に抜き取ってみましょう。水は,どうですか?・・・そう!落ちてきませんね。

5. ところが,コップを斜めに傾けると水は流れ出してしまいます。




工夫してみよう

 カップに張ったネットは,薄くて目立ちません。そこでちょっと工夫をすると,簡単な科学マジックができます。
 ネットを張らずにビニルテープだけ張った別のカップを用意します。友だちにネットの張ってないカップを渡して,自分はネットの張ってあるカップを持ちましょう。上記のように水を入れ,プラスチックの板でふたをしてさかさまにし,指をはなします。
 次に,「プラスチックの板をそっと抜いたら中の水はどうなるか?」なんて言いながら,板を抜いてもらいます。お友だちのカップの水はこぼれるのに,自分のカップの水はこぼれません。
 「はっは~。これは水を固める薬が入っているんじゃない?」なんて言われたら,そっとカップを傾けてみましょう。

特別編

 実は,プラスチックの板を使わなくてもこの実験はできます。それにはちょっとしたテクニックがいります。
水を入れたネットつきカップを,投げ上げるようにしながらさかさまにします。板なしで水が落ちてきません。少し難しいので何度か練習してみましょう。
 また,ネットのない普通のカップでもできます。カップとてんぷら用のあみ杓子を用意します。
 カップに水を入れて図のようにあみ杓子をかぶせます。後は上記の要領で一度投げ上げるようにしてあみ杓子でふたをしたままさかさまにします。これもなかなか難しいのですが,ぜひ挑戦してみてください。

 プラスチックの板の代わりにいろいろなものでふたをしてみるのもおもしろいです。たとえば,はがきなどでふたをしてみるとか・・・。なんとティッシュでふたをしても大丈夫です。さかさにしたときのティッシュの様子をぜひ観察してみてください。おもしろいですよ。



注意しよう
工作にははさみを使います。手を切らないように気をつけましょう。硬いプラスチックのコップは少しの力でもひびが入ってしまいます。やさしく扱うようにしましょう。また,割れたコップでけがをしないように気をつけましょう。
たくさん水を使い,こぼれることもあるので,お風呂場や屋外でやるほうがいいですね。

« 一覧に戻る