image


【京都市青少年科学センター】

フィルムケースで作る静電気モーター

材料を用意します。

  • アルミホイル
    幅1cm,長さ10cmぐらいに切ったものを2本。
  • キッチン用アルミテープ
    アルミの面が電気を通すもの。アルミ面にコーティングがしてあり,電気を通さないものがあるので注意してください。
    ※アルミテープがなければ,アルミホイルをボンドなどで貼ってもいいです。
  • 木の棒
    フィルムケースの高さより,やや長めのもの(6cmぐらい)。わりばしを切って使ってもいいです。
  • フィルムケース
    ふた付き2個
    フィルムケースのまわりに,小さなほこりやわずかな手の汚れなどがついただけでも,うまく回らなくなることがあります。できればアルコールを浸したティッシュなどで,きれいにふいてから使ってください。
  • 画びょう3個
    お皿の中央がややへこんでいるもの。


図1 必要なもの


作り方

1. フィルムケースのふたに画びょうをさします。

2. 画びょうをさしたふたを裏向け,木の棒を画びょうにさして立てます。

3. 画立てた木の棒の上に,画びょうをもう一つさします。

4. フィルムケースの底に画びょうをさします。

5. キッチン用アルミテープを長さ2cm,幅1cmぐらいの大きさに切り(7,8枚),画びょうをさしたフィルムケースのまわりにはります。このとき,テープとテープの間を少しあけてはってください。


6. 細長いアルミホイル1枚を,もう1つのフィルムケースの側面(やや上より)にはります。

7. もう1枚のアルミホイルを真ん中で直角に折り曲げます。

8. 折り曲げたアルミホイルを6ではったアルミホイルの反対側にはります。下にはみ出した部分は折り曲げて,フィルムケースの底にはります。



静電気モーターの回し方


  1. 下の図のように組み立ててください。
  2. 木の机の上などにおいてください。(下にプラスチックなどがあると,静電気を逃がさないので回り続けません。)
  3. 下じきなどを乾いたタオルでこすって静電気を起こし,↓の部分に近づけてください。


うまく回らないときは次のような理由が考えられます。

  • 回転するフィルムケースが大きく傾いていると,木の棒に触れて止まってしまいます。できるだけ傾かないように,画びょうや木の棒の向きを調整してください。
  • 静電気が弱いと回りません。バチバチと音がするぐらい静電気を起こしましょう。


強い静電気を起こすには・・・

  • 湿度が高いと静電気は起こりにくくなります。除湿機などで部屋の湿度をできるだけ下げましょう。空気の乾燥しやすい冬の方が実験には適しています。
  • 静電気を起こすものとしては塩化ビニルのパイプがおすすめです。配水管などに使われるもので,ホームセンターなどで購入できます。
  • タオルはよく乾燥したものを使うようにしましょう。

« 一覧に戻る