image


【京都市青少年科学センター】

てんぷら油でろうそく作り

何度も使って捨てる予定のてんぷら油を使って,少し楽しんでみませんか。

必要なもの

  • てんぷら油
  • 市販の廃油処理剤(例:「固めるテンプル」)
    商品に表示されている使用量では,ゼリーのような柔らかさになります。堅くするために倍の量を用います(例:てんぷら油100cm3あたり約6g)。
  • ろうそくの芯
    専用の芯がありますが,たこ糸で代用できます。手近なものをよじってさまざまな太さのものを作れます。太さ1.2mmのものなら2本よじります。芯が太いと大きな炎になり,すすが出ることがあります。
  • アルミカップ
    丈夫なものを用います。なければ,手近なビンなどにアルミホイルを巻きつけて自作します。
  • ペットボトル
    1.5リットルのペットボトルを用い,底から約15cmの所で輪切りにします。切り口から切れ込みを入れ,花びらになる部分を作り,水を入れます。
  • 竹ぐし・わりばし・食紅

図1 必要なもの

図2 ペットボトルの水槽


作ってみよう


  1. てんぷら油に廃油処理剤を入れてあたためます。廃油処理剤が溶ければ(80℃以上で溶けます),加熱をやめます。
    ※注意:加熱を続けると,油が発火して火災になることがあります。火傷にも注意します。
  2. 廃油処理剤を溶かしたてんぷら油の中に,ごく少量の食紅を入れてかき混ぜます。これをアルミカップに流し入れ,固まるのを待ちます。急ぐときは,氷水などの冷水で冷やします。
    ※食紅は水溶性で,油に溶けず底に沈みます。入れなくてもろうそくはできます。
    ※アルミカップには,あらかじめ図3のように芯をたらしておきます。

図3 アルミカップに芯をたらします

図4 廃油処理材の溶けたてんぷら油を流し込みます


点火しよう

ろうそくをアルミカップからはずして水に浮かべ,火をつけます。
火災に注意して,炎を観察しましょう。
食紅を用いると,水に徐々に溶け出しきれいです。



図5 水に浮かんだてんぷら油ろうそく

« 一覧に戻る