image


【京都市青少年科学センター】

ステンドテープ

必要なもの

  • 偏光板
  • 厚紙
  • 割りピン
  • とう明なシート(OHPのシートなど)
  • はさみ
  • 千枚通しなど(穴をあけるもの)
  • カッターナイフ
  • セロハンテープ(セロハンテープによってはきれいな色が出ないものもある。作る前にセロハンテープを2枚の偏光板ではさみ,色が見えるかどうか確かめておこう。)

作り方

1. 下の図のような形に厚紙を切る。太線にはカッターで切りこみを入れる。


注意!:カッターナイフで指や手を切らないように気をつけよう。切りにくいときはむりをせず,2,3回くり返して切るようにするとよい。

2. 厚紙にあけたまどの大きさより少し大きめに偏光板を切り,厚紙にはる。このとき,2枚の偏光板の向きを変えておくとよい。



3. 厚紙のたての長さが1辺の長さとなる正方形にとう明なシートを切る。

4. とう明なシートの片面全体にセロハンテープをはる。長さや向きはばらばらでよい。何枚も重ねてはる。セロハンテープをはったシートの真ん中に,割りピンが通る大きさのあなをあけ,そのあなを中心とした円形に切りとる。

5. 厚紙を半分で折る。円形に切ったシートをはさみ,割りピンでとめる。

6. セロハンテープをはったシートをまわしてみよう。



調べてみよう

 セロハンテープを偏光板ではさんで見ると,いろいろな色が見えます。実は,光にはもともといろいろな色がふくまれているのです。光が偏光板とセロハンテープを通ることで,その色が分かれて出てくるのです。セロハンテープの向きや重ねる枚数によって,色がどのように変化していくか調べてみましょう。

« 一覧に戻る