image


【京都市青少年科学センター】

実験室学習(対象:小学校6年生・中学校1年生)

 センターが独自に開発した教材・教具を使って行う実験室での学習です。子どもたち一人一人が観察実験を行い,探究する過程の楽しさや厳しさを味わい,自然科学への興味,関心を高めることがねらいです。
 物理・化学・生物・地学の4領域で,毎年新しいテーマの学習を開発しています。これまでに開発し実践した学習は,約300テーマとなります。

小学校の学習風景
小学校の学習風景
中学校の学習風景
中学校の学習風景


令和元年度の学習は,次のテーマで行います。

小学校6年実験室学習 (120分)

テーマ:「センサーの科学」

【領域】物理
 みなさんは「センサー」という言葉を聞いたことがありますか?自動車や家電製品など,私たちの身のまわりにはたくさんのセンサーがすでに活躍しています。センサーは,いまや私たちの生活になくてはならないものへ普及してきました。しかし,センサー自体はあまり目立つものではありません。どのようなセンサーがどのように機能しているのか知らないことも多いと思います。「センサーの科学」ではそんなセンサーに注目し,実験を通してセンサーに秘められた科学について学びます。

テーマ:「目には見えない気体の世界」

【領域】化学
 みなさんは「気体」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?身近なもので言うと「空気」が分かりやすいですね。私たちが生きる上で欠かせない空気は窒素,酸素,二酸化炭素,そしてアルゴンとよばれる気体などが集まってできています。そんな目には見えない気体にはいろいろな使われ方があります。なんと気体を使ってものを動かすこともできるんです。学習では,気体の性質を利用したおもちゃの仕組みを考えたり,目には見えない気体の世界の状態を考えたりしながら,気体について学びます。

※本学習では実験でアルコールを使用します。アレルギー等で配慮が必要な場合,事前にご相談ください。

テーマ:「森のおくりもの」

【領域】生物
 大昔から家や生活道具などさまざまなものを木から生み出し,人間にとって木は,なくてはならないものです。科学技術が進歩した今では,その多くは石油を合成したプラスチックにとって代わられるようになりましたが,今なお木が使われ続けています。その理由はどうしてなのか,また,最新の科学で分かってきた木の良さについて,観察と実験を通して考えていきます。
※本学習ではヒノキチップから精油を抽出する活動を行います。アレルギー等で配慮が必要な場合,事前にご相談ください。

テーマ:「川原の石」

【領域】地学
 京都市内を流れる鴨川の川原にはたくさんの石が転がっています。その石をよく見ると,数種類の岩石に分けることができます。学習前半では岩石を観察したり実験したりして,それぞれの特徴をつかみ,石の見分け方を身につけます。学習後半には石の見分け方を活用して,鴨川にはどの石の割合が多いかを調べます。そして,その石が京都の鴨川にある理由や京都の土地の成り立ちについて考えを深めていきます。

中学校1年実験室学習 (120分)

テーマ:「センサーの科学」

【領域】物理
 みなさんは「センサー」という言葉を聞いたことがありますか?自動車や家電製品など,私たちの身のまわりにはたくさんのセンサーがすでに活躍しています。センサーは,いまや私たちの生活になくてはならないものへ普及してきました。しかし,センサー自体はあまり目立つものではありません。どのようなセンサーがどのように機能しているのか知らないことも多いと思います。「センサーの科学」ではそんなセンサーに注目し,実験を通してセンサーに秘められた科学について学びます。

テーマ:「目には見えない気体の世界」

【領域】化学
 みなさんは「気体」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?身近なもので言うと「空気」が分かりやすいですね。私たちが生きる上で欠かせない空気は窒素,酸素,二酸化炭素,そしてアルゴンとよばれる気体などが集まってできています。そんな目には見えない気体にはいろいろな使われ方があります。なんと気体を使ってものを動かすこともできるんです。学習では,気体の性質を利用したおもちゃの仕組みを考えたり,目には見えない気体の世界の状態を考えたりしながら,気体について学びます。

※本学習では実験でアルコールを使用します。アルコールにアレルギー等がある生徒がおられる場合は,事前にご相談ください。

テーマ:「森のおくりもの」

【領域】生物
 樹木にはさまざまな種類があって,特徴が異なります。たとえば,針葉樹と広葉樹の違いは何でしょう?伐採された樹木は“木材”という状態で生活に利用しています。どのような“木材”がどのようなところに利用されているでしょう?学習では,“木材”を使って,樹木の特徴を観察したり,香りを調べる実験を通して,森や樹木などの自然から受けている「めぐみ」について考えていきます。
※ 4人グループごとに,丸太をのこぎりで切断する作業も予定しています。

テーマ:「川原の石」

【領域】地学
 京都市内を流れる鴨川の川原にはたくさんの石が転がっています。その石をよく見ると,数種類の岩石に分けることができます。学習前半では岩石を観察したり実験したりして,それぞれの特徴をつかみ,石の見分け方を身につけます。学習後半には石の見分け方を活用して,鴨川にはどの石の割合が多いかを調べます。そして,その石が京都の鴨川にある理由や京都の土地の成り立ちについて考えを深めていきます。