image


【京都市青少年科学センター】

運営の基本方針

 京都市青少年科学センターは,設置審議委員会答申の趣旨に基づき,
[科学者精神]—— 科学的なものの見方,考え方,扱い方など「科学の方法」及びこれを活用する心構え —— を体得した将来の市民を育てることを目的として運営しています。

[1] センター学習

 市立小学校5・6年生,中学校1・2年生の児童・生徒及び市立定時制高等学校,養護学校の児童・生徒を対象に,科学センターの諸施設(実験室・展示場・プラネタリウム・工作室・屋外施設)を利用した理科学習を実施しています。学校では行いにくい学習を通して,児童・生徒が科学者精神に触れ,その楽しさや厳しさを知ることを目的としています。
 このセンター学習は,科学博物館での学習を,学校の授業の一環として行うという点で非常にユニークな試みであり,国内外を問わず注目されています。
詳細 »

[2] 教員研修

 市立小・中・高等学校の理科教員を対象とし,指導能力など教員としての資質の向上を図るために,さまざまな教員研修を行っています。
 科学技術の進歩や教育理論,方法の発達に対応した理科教育の改善を目的としています。
詳細 »

[3] 市民科学事業

 広く市民を対象に,各種の催し,理科相談,展示場やプラネタリウムの一般公開を行い,科学を身近なものとして,科学的事象に関心を持っていただくことを目的としています。