image


【京都市青少年科学センター】

沿革

昭和26年4月 京都市教育委員会が「科学教室」を設置,児童生徒の理科学習に寄与
昭和34年9月 小・中学校理科研究会から市長へ,児童科学館設立を陳情
昭和37年11月 小・中・高等学校PTA連絡協議会より提出された「児童科学館建設促進について」の請願市会にて採択
昭和38年8月 京都市青少年科学センター設置審議委員会発足
昭和39年9月 同委員会から答申
昭和40年5月 設置審議委員会から建設準備委員会へ移行
昭和41年10月 京都市青少年科学センター建設準備室を設置
昭和42年12月 起工式 着工
昭和44年5月 竣工式 開館
昭和54年3月 博物館相当施設に指定
昭和55年2月 プラネタリウム棟改修工事 着工
昭和55年4月 プラネタリウム棟改修工事 竣工リニューアルオープン
平成元年10月 創立20周年記念事業として特別展示棟を建設 着工
平成2年3月 創立20周年記念事業として特別展示棟を建設 竣工
平成8年1月 プラネタリウム棟改修工事 着工
平成8年5月 プラネタリウム棟改修工事 竣工
平成8年7月 プラネタリウム リニューアルオープン
平成9年10月 インターネットでホームページ開設
平成15年3月 福祉対応エレベーターの設置
平成19年4月 プラネタリウム リニューアルオープン
平成24年4月 親子ふれあいサイエンスルーム開設