【京都市青少年科学センター】

ご来館にあたり,皆様には感染症対策の徹底にご協力をお願いいたします。ご来館前にこちらを必ずご覧ください。


年間入場券の販売を始めました
価格:1,500円(大人のみ) 有効期限:購入日から1年間
※プラネタリウムの観覧は別途観覧料が必要
※年間入場券の導入に伴い,令和4年5月31日をもって「親子でパスッ!!」の新規発行は終了しました。発行済のものは発行日から1年間ご使用できます。ただし,1年間の途中で小学生となる年は3月31日まで有効

プラネタリウム

今週の催し

事前申し込みが必要なイベント

展示品デジタルガイド

理科オンラインイベント

親子ふれあいサイエンスルーム

団体のお申込み

よくある質問


科学センターからのお知らせ

プラネタリウム新番組「ダブル食(ショック)!月と天王星」のお知らせ7/10更新

“食”という天文現象をご存じですか?
 それは星空の中で,“何か”が“何か”に隠される現象のことです。
11月8日の夜,月と天王星が同時に“食”になる大変珍しい場面が訪れます。
 “2つの食”を見逃さないようにするにはどんな準備が必要か,解説します。詳しくはこちら
  ○ 投映期間/令和4年7月8日(金)~令和4年10月19日(水)
  ○ 対  象/小学3年生~大人向け

「はやぶさ2 リュウグウのサンプルレプリカ」展示について 6/11更新

探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」から持ち帰ったサンプルのレプリカを展示します。
リュウグウのサンプルからは,生命のもととなるアミノ酸が20種類以上見つかり,現在大きな話題となっています。ぜひご覧いただき,宇宙探査の面白さにふれてみてください。

  ○ 公開期間/令和4年6月12日(日)~令和5年1月18日(水)
  ○ 展示場所/プラネタリウム前ホール
  ○ 展示内容/小惑星「リュウグウ」サンプルレプリカ
           小惑星「リュウグウ」の3600分の1,26000分の1レプリカ
           探査機「はやぶさ2」や小惑星「リュウグウ」に関するパネル展示
           など

「ヤエヤマツダナナフシ」の特別展示について 5/20更新

展示場の「いきもの研究室」で石垣島や西表島などにしか生育しない「ヤエヤマツダナナフシ」を生体展示いたします。この機会にぜひご来館いただき観察してみてください。

  ○ 公開期間/令和4年5月21日(土)~8月頃まで
         (ただし,ヤエヤマツダナナフシの状況によって展示期間を変更する可能性があります)
  ○ 展示場所/展示場2階「いきもの研究室」
  ○ 展示内容/「ヤエヤマツダナナフシ」とすでに飼育中の「アマミナナフシ」を並べて展示します。
         また,「ヤエヤマツダナナフシ」の標本やフン,その他飼育記録を展示します。
   ※ 今回展示する個体は,西院小学校2年生 矢野翔大さんからお借りしています。
    矢野さんは2020年の夏休み昆虫研究大賞銀賞(日本昆虫協会主催)を史上最年少で受賞,
    その副賞として授与された「ヤエヤマツダナナフシ」を飼育,繁殖に成功されました。
    今回,成虫とともに標本やこれまでの飼育記録なども御提供いただいています。

物品販売コーナーオープンのお知らせ 10/23更新 

  10月23日から青少年科学センター内に物品販売コーナーがオープンいたしました!
   青少年科学センターオリジナル商品(マスクや文房具,クッションストラップなど)
  を販売していますので,お越しの際は是非お立ち寄りください。 

    

雌雄モザイク型ミヤマクワガタの標本を展示中!

 現在,「雌雄モザイク型ミヤマクワガタ」の標本を展示しています。これは,京都市立鞍馬小学校で飼育していた個体を譲り受け,標本化したものです。とても珍しい個体ですので,是非,青少年科学センターにお越しのうえ,ご覧ください。
 詳細はこちらをご覧ください。
 

「おうちミュージアム」始めました!

北海道博物館が中心となって企画された「おうちミュージアム」に,参加することになりました。
全国各地、119のミュージアムが子どもたちがおうちで楽しく学べるアイデアを伝えていきます。
科学センターの「おうちミュージアム」のページは,こちらをご覧ください。(2020/05/01 更新)  

「展示品デジタルガイド」 アップしました!!

 展示品の見どころや観察のポイントをわかりやすく紹介するとともに,理科・科学の原理や原則,不思議な現象等をよりくわしく解説した「展示品デジタルガイド」をアップしました。ぜひご活用ください。
 内容は,今後,順次更新していきます。詳細はこちらをご覧ください。