子どもたちのインターネット等の「活用指針」検討プロジェクト

1.検討プロジェクトとは

京都市教育委員会では,家庭での急速なパソコン・携帯電話等の普及や学校への校内LANの全校整備をふまえ,子どもたちのインターネット等の利用の現状と課題を分析し,学校教育,家庭教育における活用の指針・ガイドラインを作成することを目的として平成16年9月,「子どもたちのインターネット等の「活用指針」検討プロジェクトを設置した。

2.構成メンバー

(所属等は,平成16年9月現在。)


委員
井上 新二 京都市総合教育センターカリキュラム開発支援センター担当課長
井上 浩史 京都市中学校生徒指導研究会・京都市立皆山中学校教諭
内田 利広 京都市スクールカウンセラー・京都教育大学助教授
久保田真由美 京都市PTA連絡協議会副会長
西田 晋 京都市立第三錦林小学校教諭・校内LAN先行実施校担当教員
藤本 範子 京都市教育相談総合センター指導主事・カウンセラー
松井 憲昭 京都市PTA連絡協議会会長
緩詰 研二 京都市立大藪小学校教諭・校内LAN先行実施校担当教員

顧問
藤原 勝紀 京都市社会教育委員・京都大学大学院教育学研究科長
生田 義久 京都市教育委員会指導部担当部長

3.成果

名称 PDF形式 DocuWorks形式
子どもたちのインターネット等の「活用指針」検討プロジェクト報告書 report.pdf report.xdw
学校・家庭におけるインターネット「活用指針」概要版 report_s.pdf report_s.xdw
家庭におけるインターネット「活用指針」リーフレット leaflet.pdf leaflet.xdw
小・中学校における「情報モラル」学習指導資料集

※学習指導資料集は,随時改訂していく予定です。
 また,word形式の指導案等は,教材データベースに登録しています。
教材を検索する際,キーワードに「16モラル」を入れて検索してください。
moral.pdf -