学校等へ提供されるサービス


1.事務処理システム
学校・園及び教育委員会事務局が共通に利用する「事務用グループウェア」が構築されます。
文書処理システムや公用(教職員用)の電子メールのしくみがWebベースのグループウェア上で提供されます。
2.教育用コンテンツ(イントラネット内でのみ活用)
  1. 学習用Web教材
    • 京都市立学校で開発された学習教材を提供します。
      ・渡来文化
      ・鴨川・水の旅
      ・ひろがれ!ビオトープの輪
      ・京野菜 などさまざまな学習用Web教材があります。

    • 小・中・高等・総合支援学校向けの各教科用の学習システムを提供しています。
      ・民間企業開発の各教科用の学習Webコンテンツを利用することができます。

    • 情報モラル・セキュリティの指導を行うためのWebコンテンツや動画を提供しています。

  2. 学習教材データベース
    教職員が作成した教材や素材データをアップロードして,児童生徒の学習用に提供するシステム。
    京都市立学校の先生方が作成した教材を,他の学校等と共有するしくみを提供しています。

  3. 電子掲示板
    京都市立の学校間で交流学習や情報交換を行う「電子掲示板」のシステムを提供しています。
    教職員が掲示板(フォーラム)の主催者となることができます。

  4. 動画配信[ビデオ・オン・デマンド]
    利用者の要求に応じて動画が配信される「ビデオ・オン・デマンド(VOD)」のしくみを提供しています。
    ・民間企業開発の各教科用の動きのある学習教材を利用することができます。

3.テレビ会議システム
光京都ネット内はもちろん,インターネットを通じて世界中のどことでもテレビ会議が行えます。
4.Webフィルタリング
児童生徒に閲覧させたくないホームページを,ネットワークセンターで抑止(フィルタリング)しています。
5.児童生徒用メールアカウントの発行が可能
京都市教育ネットワークは各学校にサブドメインを割り当てて運用されてます。また,各学校内に設置されている「学校用インターネットサーバ」は,児童生徒が学習用に使うメールサーバの機能があります。このことにより,学校単位で児童生徒が学習で利用するためのメールアカウントを発行することができます。
※「学校用インターネットサーバ」にWebメールの機能が新たに追加されました。

目次へもどる