京都市教育ネットワーク(光京都ネット)の概要


1.京都市教育ネットワークセンター(光京都ネット)の機能
京都市教育委員会では,京都リサーチパーク(下京区)にある,「京都高度技術研究所(ASTEM)」内に『京都市教育ネットワークセンター』を構築し,運用を行っています。「京都市教育ネットワーク(光京都ネット)」では,京都市立学校・幼稚園及び教育委員会のインターネットへの接続サービスをはじめ,学校を含めた教育委員会内のネットワーク業務を一括して行っています。また,各種学習情報の提供など教育用サービスも提供する機能も有しています。
2.地域IP網(*)の利用
学校とネットワークセンターとは,アクセス回線に NTT西日本が提供する光ファイバーを用いた「Bフレッツ」等の『地域IP網』サービスを経由して,最大100Mbpsで接続されています。
*「地域IP網」は,一定地域内で共用するインターネット専用のネットワークサービスです。
3.事務系(教職員用)ネットワークと学習系(児童生徒用)ネットワーク
学校内では,児童生徒が学習で利用する「学習系」のネットワークと,教職員が利用する「事務系」のネットワークとがルータにより分離して構築されます。また,学習系から事務系のネットワークにはアクセスできないように制限を施しています。
※事務系(教職員用)ネットワークから,学習系(児童生徒用)ネットワークへのアクセスは可能となっています。

ネットワーク構成概要図

平成20年4月現在
ネットワーク構成概要図

目次へもどる