平成25年度 実施計画

1 研究の内容

研究テーマ
 『わかる喜び,学ぶ楽しさを感じる授業の創造』
 〜言語活動の充実を図り,思考力・判断力・表現力を育成する〜
学校図書館活用教育目標
 『自ら学ぶ力を育て,豊かな心を育む学校図書館』
めざす子ども像
 ○本の好きな子
  ◇本を読むことの楽しさを知り,いつも本をそばに置く子
  ◇自分の夢をふくらませ,夢の実現や可能性を信じて,いろいろなことに喜びを感じる子
 ○本から豊かな心を感じる子
  ◇自分を見つめ,共に生きることに喜びを感じることのできる子
  ◇豊かな感性と創造力をもち,自分の言葉で話し合う子
 ○自ら学ぶ子
  ◇課題を見つけて調べ,解決し,まとめ,自分の言葉で表現する子
  ◇課題解決を通して, 人の考え方や生き方を学ぶ子

・学校図書館の大きな柱の一つである「学習・情報(メディア)センター」としての役割として,書籍や新聞,資料の紙ベースだけではなく,インターネットや電子データ,DVDなどいろいろなメディアからの情報を整備していくことが,児童の学習を確かなものにするためには重要であると考える。タブレット型端末はそのひとつである。
・タブレット型端末の活用は,情報収集だけではなく,記録(写真・動画・録音・メモ)することや交流,表現といったコミュニケーションツールとしても活用できる。
一人一人の学習をより豊かなものにするために,調べる活動の中では,書籍やタブレット型端末を, 交流の場面では,電子黒板やOHCなどの他のICT機器やパネルやボードなどを,どのように組み合わせたり,使い分けたりしていくのが思考力を高めるために有効なのか,タブレット型端末の活用法を研究していきたいと考えている。
・論理的な思考力を高めるためには,深く自分なりの考えをもつこと,交流場面では正確に考えを伝え理解することが必要であり,タブレット型端末を活用することで,「個々の思いやこだわりをもった調べ学習」,「自分の伝えたい内容を分かりやすく示しながら説明できる交流」が可能となり,論理的な思考力の育成につながると考える。
・ 図書館を活用した指導の在り方,支援,手立てを明らかにし,系統立てた指導を通して,「読む・調べる・考える・選ぶ・まとめる・表現する」の「自己学習力」(学び方)を身に付ける。

2 研究の実施体制

・タブレット型端末の活用を,情報活用能力として,図書館活用部会中心に取り組むことを位置づける。
・研究部の中に図書館活用部を設置する。
・図書館活用部には図書館主任と司書教諭を置き,各学年からも図書活用部に入る。
・毎月1回 図書活用委員会を開く。
・学校図書館ボランティアや公立図書館との連携の窓口を司書教諭に置く。
・図書館ボランティアを募集する。(学生・地域・保護者)
・学校,地域,保護者が連携して図書館運営にあたる体制づくりを進める。

3 実施時期・スケジュール

(1)公開授業実施時期
 平成26年1月31日(金曜日)
 公開授業 14時00分〜14時45分(予定)
 講演会 14時55分〜17時10分(予定)
(2)内容等
 公開授業 図書館活用を通した教科指導
 1年(国語) 3年(算数) 6年(社会)
 図書館教育に関する講演会

京都市立上賀茂小学校