ようこそ、西京へ!

 このホームページは、京都市立西京高等学校の附属中学校、高等学校全日制課程及び定時制課程の内容で構成されています。
 西京高等学校全日制課程は、その淵源を1886(明治19)開設の京都府商業学校にもち、京都市政施行とともに京都市立学校に移管、さらに1910(明治43)年に京都市立第一商業学校(京一商)と校名を改称し、文武両道の名門校として戦前の教育界に名を馳せました。
 戦後は、新学制の施行とともに1948(昭和23)年4月に京都市立西京商業高等学校として新制高校の歴史を歩み始めましたが、この年の10月、府内の新制高校再編成により普通科と商業科を併設する西京高等学校と改称、さらに1963(昭和38)年には再び商業科単独校に復し、西京商業高等学校とその校名をあらためました。
 京都を代表する商業高校であった本校も、校舎全面改築工事を契機にして抜本的な教育改革を断行し、2002(平成14)年度をもって商業科生徒の募集を停止、翌2003(平成15)年4月に未来社会創造学科エンタープライジングを創設して、校名を京都市立西京高等学校とあらため、現在に至っております。

 西京高等学校定時制課程は、1935(昭和10)年に創設された京都市立専修商業学校をその淵源とし、1938(昭和13)年に夜間商業学校と改称、さらに1941(昭和16)年には京都市立第一商業学校第二本科と改称し、旧学制の中での歴史を刻んでいます。新学制の施行とともに、1948(昭和23)年、校名を京都市立御池商業高等学校しましたが、その年の10月、府内高校再編成の中で西京高等学校定時制課程と改称し、その後の校名変更に応じながらも一貫して本校の定時制課程として存立してきました。
 2003(平成15)年の新生西京以後は商業科の募集を停止して普通科のみを開設し、さらに3年間履修で卒業を可能とする三修制を導入、新たな夜間定時制教育を模索しながら現在に至っております。

 西京高等学校附属中学校は、文部科学省の公立中高一貫教育制度導入に応じて、2004(平成16)年4月に全国大都市初の高等学校併設型中学校として開設されました。
 その第一期生は、およそ1,400名の志願者から120名が「作文・製作」検査等で選考され、全国的な注目の中で、今日まで順調な成長を遂げてきております。高等学校の専門学科(未来社会創造学科エンタープライジング)に附属する全国初の中高一貫6年教育校として、その教育成果達成は道半ばにありますが、「西京」の一員としての存在感には特に際立ったものがあります。
 また、京都市立中学校の一員としても、そのユニークにして特色濃い教育内容は、京都市民皆さまの信頼を得るに不足のないものと自負してもおります。
 ようこそ、西京へ! 校種や課程別に西京の教育を十分にお楽しみください。
戻る

下記の画像をクリックするとそれぞれのページに移動します。