平成20年度中学生向けスクールガイダンス 5/17,24

受付のピークを過ぎて、少し落ち着いています。

いよいよガイダンスが始まりました。

最初の授業は聴音/視唱です。

 

4つの部屋に分かれて、高校生と一緒に中学生も授業を授業を受けています。中学生を高校生がアドヴァイス・サポートする仕組みでしたが、中学生よりも高校生の方が緊張していました。

 

聴音は、なかなか書き取れなかった人もいたと思いますが、高校生たちは普段こういう授業を積み重ねています。

 

聴音を終えると、視唱です。声を出すのは最初緊張しますが、積み重ねていくことで、しだいに音程やリズムが正確になっていきます。

 

次は音楽理論の授業です。

音程問題の解説などを中心に、プロジェクターも使用しながらの授業を行ってみました。

 

お昼からはオーケストラ授業の見学です。今年はレスピーギ作曲「ローマの松」を見学してもらいました。

7月のオーケストラ定期演奏会での本番を、ご期待下さい。

たくさんの中学生、保護者の方々にお越しいただき、ありがとうございました。

今年のガイダンスは、いかがでしたでしょうか?

来年もさらに内容を充実させていきたいと思っています。

8月に行われる中学生向けレッスン、10月4日の学校説明会&コンサートにも、是非ご参加下さい

トップページへ戻る