もっと知りたい作曲&楽理!

生徒自治会による音高初の試みとして、作曲生徒による作品発表・楽理生徒によるスラヴ舞曲分析の発表が、2月29日の午後に行われました。

ヴァイオリンとチェロ、ピアノのためのトリオ

作品発表後に感想などのインタビューを受ける3年作曲のOさん。

分析発表後にインタビューを受ける2年楽理のMさん。PowerPointとプロジェクターを使った分析発表の写真が撮れず残念でした。

こういった生徒自らの手による積極的な姿勢は、本当に嬉しいものです。

卒業生を送る会に引き続き、自治会のみなさんもお疲れ様でした。

トピックトップへ戻る