11/6(木)研修旅行第3日 ブルノ

夜が明けました。ブルノの一日の始まりです。

 

まずは腹ごしらえ。朝食バイキングが好評でした。

ヤナーチェク音楽院(JAMU)国際担当の先生から歓迎を受けた後、今日明日の説明を受けています。

この日は約半分の生徒が、JAMU教授による個人レッスンを受けました。

お待ちかねの昼食です。赤いトマトに上にあるのが薄黄色のパプリカ!7つ食べた人も…

控室で昼食中です。

明日の音高コンサートのポスターが、円柱の掲示板に貼ってあるのを、ブルノの街中で見つけました。

少し分かり辛いですが、長らく工事中だった子供のモーツァルト像(写真右部分)が完成しました。モーツァルトはブルノにも足跡を残しています。

ガイドのHさんの引率で、ブルノ市街を散策中です。ドラゴン伝説のワニを見上げ、聖ペトロフ教会を見上げ、モーツァルト像を見上げ…。非常に分かりやすいHさんのガイドのおかげで、ブルノやヨーロッパの歴史・文化を、生徒達は肌で感じることができました。

JAMUのチェロの学生が廊下でドヴォコンを練習し始めると、つい先日の夏のオケ定期で同じドヴォコンを演奏した生徒たちが、オケパートを弾き始め、いつの間にかチェロコン本番に!

いつの間にか外は暗くなり、控室正面に見えるシュピルブルグ城もライトアップされました。

今日一日のプログラムを終え、ホテルへ戻って来ました。

夕食を食べれば、元気回復!

ホテルの窓から見たブルノの夜景です。いよいよ明日はEU最初のコンサートの日です。

研修旅行報告トップページ       11/5へ戻る       11/7研修旅行第4日へ