神明峠(つづみ峠)




 昔は、「鼓(つづみ)峠」と呼ばれてたそうです。京に登る旅人は、この峠
 まで着くと、水尾の里から聞こえてくる鼓(つづみ)の音に心なごまされた
 ところから、この名前が付けられたそうです。
 今は、神明峠と呼ばれています。近くに、神明神社があったところから
 「神明峠」と呼ばれるようになったそうです。
 神明神社は、清和天皇社といっしょになり、今は、峠の名前として残っ
 ているだけです。


もどる