水尾(みずお)


きれいな水が豊かにわき出る所として、この名前がつけられたそうです。
昔は「水ノ尾」と呼ばれていたそうです。



   春の水尾。雪がとけ、ふきのとうが芽を出し、ようやく春がきます。
   学校に屋上から、満開の梅林が見えます。


    満開の桜が入学式、始業式を祝ってくれます。


  秋の水尾。毎朝のように保津川のきりが水尾をおおいます。
  雲の上にいるようです。


  冬の水尾。一年に何回か、すっぽりと雪におおわれます。
  そりをしたり、かまくらを作ったり、楽しい遊びがあります。
  お父さん達の子どものころは、スキーもできたそうですが、
  このごろはスキーができるほど積もりません。


もどる