粟田山円覚寺(あわたさん えんかくじ)


 円覚寺


歴史がとても古い。
かっては水尾山寺と呼ばれていた。清和天皇が天皇をゆずった後、しばらくここでくらした。
清和天皇は、その後、粟田山円覚寺(今の美術館あたり)でなくなった。
もとの円覚寺は応仁の乱で焼失したため、寺宝を水尾山寺に預けた。
その後、水尾山寺が粟田山円覚寺と呼ばれるようになった。


もどる