沿革

enkei本校の歴史は、昭和19年4月、京都市立深草工業学校として、京都市立第二工業学校に付設されたのに始まります。設立当初から勤労青少年のための教育機関として社会に広く開放され、多くの有能な人材を長年に渡り産業界へと送り出してきました。 昭和23年の学制改革によって高等学校となり、機械、土木、建築の各科が設置された後、平成10年度より機械科、都市建設科に学科改編を行っています。平成19年度には京都市立工業高校全体の学科改編が行われ、入学生徒および社会のニーズにより則した学校へと変革を行っています。これまでの2学科を統合し、新たに工業技術科のみの1科を設置。機械・電気・建築・土木の各系列の学習が可能な、単位制の学校としてスタートしました。

事項
昭19.4 京都市立第二工業学校の夜間部として、京都市立深草工業学校を創設。機械科2クラスを設置
昭20.4 京都府下唯一の土木科1クラスを設置。
昭21.4 建築科1クラスを設置。
昭23.4 高校再編成により、京都市立深草工業高等学校と改称。
昭23.10 学制改革により、京都市立伏見高等学校定時制と改称。
昭38.4 単独制実施により、京都市立伏見工業高等学校定時制と改称。
昭42.11 定通教育20周年京都府記念大会を京都商工会議所に於いて挙行。
昭43.1 生徒募集定員を機械科80名・土木科40名・建築科40名に改正。
昭53.8 完全給食用食堂竣工。
平10.4 生徒募集定員を機械科80名・都市建設科(土木コース・建築コース)80名に改正。
平15.4 生徒募集定員を機械科40名・都市建設科(土木コース・建築コース)80名に改正。
平17.4 生徒募集定員を機械科30名・都市建設科(土木コース・建築コース)60名に改正。
平18.4 生徒募集定員を機械科20名・都市建設科(土木コース・建築コース)40名に改正。
平19.4 生徒募集定員を工業技術科30名(機械コース・土木コース・建築コース・電気コース)に改正。
平19.11 第43回近畿高等学校定時制通信制課程体育大会でソフトテニス部が優勝。
平25.8 全国高等学校定時制通信制体育大会にソフトテニス部・剣道部・バスケットボール部出場。
平26.7 文部科学省「平成26年度発達障害のある児童生徒に対する早期支援・教職員の専門性向上事業」指定校になる。
平26.8

全国高等学校定時制通信制体育大会にソフトテニス部・陸上競技部・剣道部・サッカー部出場。ソフトテニス部団体5位入賞。バスケットボール部ベスト8入賞。二輪安全運転全国大会高校生クラスに京都府代表として出場。

平27.8

全国高等学校定時制通信制体育大会にソフトテニス部・剣道部出場。