建築系

kenchiku建築系は文字通り建築物を建てるための学習をするための系列です。優れた建物の設計や施工ができるような知識と技術の習得を目的としています。建物が人間の住まいであるためには、地震や台風などの災害に耐える強度が必要です。また、住空間を快適な間取りに設計するためには日本の風土や歴史・伝統など、日本人が長い間つちかってきた建物の構造についても学ぶ必要があります。 image1さらに、建築物の姿の美しさや色彩感覚を身につけるなど、美的センスを養うことも必要です。自然の中にその姿を溶け込ませ、また都市の美観をになう重要な働きが建築物にはあります。このよおうに建築系では建築物を成り立たせるための様々な学習を積み重ね、二級建築士受験に必要な知識と基礎的な技術を身につけることなどを目的としています。 建築系では所定の単位を修得して卒業した者には、実務経験3年を経て二級建築士の受験資格が与えられます。また、在学中に2級建築施工管理技術検定試験が受験できます。 image2 (1)