header







後期作品展

京都市教育委員会
ハウスネットワーク
京都のれん
京都市左京区 不動産
京都市左京区 不動産
のぼり旗

ファッション専攻

実習内容

「表現基礎II」では1年次の「表現基礎I」での内容をさらに発展させます。「デッサン」「色彩表現」「立体表現」の基礎的な力を継続的に取り組み、定着を図るだけでなく、より発想力・表現力を高める課題に取り組みます。深く観察し考え、それを言葉でも表現でき、その上で描ける基礎力を身につけること。自己の個性や可能性を広い分野から感得していくこと。柔軟な発想力や多くの表現素材への応用力を養うこと。これらは3年次における進路実現の土台になるのみならず、将来、多方面の美術分野で活躍していくための試金石となるものです。また、美工展後の後期には、具体的に進路希望を体験する「進路探索期間」を設けています。

画像

何を学ぶのか

表現演習では、これまで学んだ表現基礎の内容をふまえ、3年次に造形に関わる様々な表現力の定着を図るとともに、各々の目指す進路に向けて必要な課題に取り組みます。美術系大学、専門学校など、ひとりひとりの進路目標に応じた実戦的な演習課題(鉛筆デッサン・木炭デッサン・着色写生・色彩表現・立体表現・イメージ表現など)に取り組み、柔軟な発想力や豊かな表現力を身に付けます。

ファッションの世界

 表現基礎Ⅰでは、美術工芸全般にかかわる基礎・基本となる学習(「デッサン」「色彩表現」「立体表現」など)を少人数の講座で行います。素描分野では、描く喜びを大切にしながら、対象物に対する観察力や空間の表現などについて学びます。また、「色彩表現」では色彩についての基礎理論を学び、課題に取り組んでいく中で、自由な発想や柔軟な感性を育て、「立体表現」では遊びや素材学習・実技を通じて造形感覚や空間把握の力を養います。
 この授業で学んだことを基礎にして、2年時でより幅広い発想力や実技力に発展・進化させていきます。

画像
授業風景



PTA総会

PTA総会

校内研修

校内研修

校外研修会

PTAフェスティバル

卒業生保護者の集い