琵琶湖疏水工事の様子
琵琶湖疏水絵図
琵琶湖疏水について
琵琶湖疏水は、琵琶湖の浜大津付近の取り入れ口から発し、すぐに第1トンネルに入る。トンネルを出た疏水は安朱校の側を流れ、山科区から『蹴上』へと流れ、流れは北と西に分かれる。第2疏水も蹴上で合流し主流は鴨川へ向かう。鴨川と並行した疏水はやがて伏見の町を通って、宇治川へ入り、その流れを終える。
琵琶湖疏水は、第3代京都府知事北垣國道と、技師の田辺朔郎の綿密な計画のもと、多くの犠牲を出しながらも明治23年に完成した。その目的は舟運、発電、灌漑、飲料水、防火、工業用水と多岐にわたっている。田辺朔郎博士は着工後外国へ留学し、そこで得た知識を疏水建設に生かした。発電はその1つで、疏水の水で起こした電気を使い、インクラインの台車を走らせた。
浜大津付近より、琵琶湖を望む。日本最大の湖、琵琶湖へは、多くの川が流れ込んでいるが、出ていく川は瀬田川だけであった。この川はやがて宇治川となり、大阪湾へ注いでいる。琵琶湖疏水は人工の川であるが、疏水の建設により、流れ出る川が2本となった。
浜大津付近にある『大津閘門(こうもん)』ここでは京都より、また、琵琶湖より乗り入れた舟の水位を調節するために作られている。2つの閘門の間に入った舟は、水位の調節を受けて京都に、また琵琶湖に漕ぎ出していく。
閘門の扉を開閉する機械。昔はすべて手動式でしていたが、当時としては、最新の技術であった。
湖水の取り入れ口を通過した水は、山に向かって、静かに流れ始める。この地と京都市内の『蹴上』との落差は、わずかに4メートルであり、大津から蹴上までの総延長が12Kmである事から、これは大変驚きである。当時の田辺博士の設計の正確さと、それに基づく幾多の難関を乗り越えた工事の賜であり現在も、京都市民ののどを潤すために役立っている。
琵琶湖疏水の建設に際し、下流の人たちは新たな水路を造る事による水の氾濫を大変恐れた。そこで、その人たちとの思いを受けて第1トンネルに扉がつけられることになった。
第1トンネルは、2400メートル以上ある大変長いトンネルであった。この工事がなされるまで、日本にトンネルの掘削という技術はなかった。『第1シャフト』は、トンネルの途中あたりで、掘削した土砂を運び出したり、空気を取り入れたりするために使われた。このトンネル掘削技術が元で、東海道本線の東山トンネルを始め、多くのトンネルが掘られるようになった。
『第2シャフト』は、第1トンネルの京都側に近く、大きさは、第1シャフトと比べると、ずいぶん小さい。なお、琵琶湖疏水には4つのトンネルが掘られている。が、長さでは、第1トンネルが最大である。
第1トンネルを出た疏水の流れは、山科の地をゆったりと流れる。
『舟だまり』は、行き交うのぼり、くだりの舟の待避所であった。当時は、周りの景色や自然を愛でる花見舟が数多く出た。奥の方に見えるのが、諸羽トンネルの入り口である。
諸羽トンネルを抜けると、いよいよ安朱小学校区となる。トンネルの壁をよく見ると、ロープが張ってある。疏水は、川底が、蒲鉾をひっくり返したような作りになっていて、舟がトンネルを行くとき、櫂が用をなさなくなる。その代わりに、舟人たちはロープをたぐって舟を上流へ引き上げた。
安朱小学校のすぐ北側にある疏水にかかる三角橋である。この橋は、いろいろな目的で工夫されている。疏水を渡る人たちのためだけでなく、舟運に関わっても工夫された橋である。
よく見ると、橋の下の両側に人の歩ける通路が設けられている。上りの舟にロープをかけて、舟人が、引っぱって舟を遡らせるのである。ふつうの橋であると、橋のたびに、いちいち舟を止めてロープをかけ直さなければならないが、この形状であれば、連続して舟を曳くことができる。
疏水の目的の一つである、灌漑に利用するための取水口である。これらの施設から取り入れられた水は、『山科』の田畑を潤す。
安朱小学校のすぐ側を流れる自然の川、【安祥寺川】と立体交差する琵琶湖疏水。大変めずらしい光景である。
琵琶湖疏水にかかる小さい橋ではあるが、この橋が日本初の鉄筋コンクリート製の橋である。
当時としては、木製の橋しかなかった中でコンクリート製というのは、注目を浴びた。
コンクリート橋をくぐった疏水はやがて、第2,第3トンネルへと流れていく。年に一度疏水を管理している疏水事務所は、水を止めて、改修・補修をしている。この写真は、疏水の水が干上がった状態である。
京都市の蹴上浄水場付近で、第2疏水(すべて地下を流れてくる)と合流する。これは、第2疏水の出口である。
蹴上発電所で水力発電をするために、最小限の傾斜で流れ来た疏水は、ここで発電のために使う水は一気に導水管を流れ落ちる。一方、舟は、この先の岡崎まで、かなりの落差を行かねばならない。そこで考えられたのが『インクライン』である。幅ひろのレールの上を、舟を乗せた台車がケーブルカーの仕組みで動かされ、蹴上、岡崎の舟だまりに入るのである。
ここから京都市の各地域に向けて、この太い導水管を通って、疏水の水は、地下の旅を続ける。
一部の水は蹴上発電所へ向けて、この導水管を滑り落ちる。これによって起こされた電気は、インクラインの台車を動かすために供給された。
『田辺朔郎博士の像』は蹴上(けあげ)のインクラインの側にあり、建設当時の若かりし頃の博士が疏水を見つめている。
インクラインの説明
総延長 582メートル
22メートル
勾配 15分の1
所要時間 10−15分
 
荷物を積んだ舟は蹴上と岡崎の舟だまりで台車に乗せられ、このインクラインを上り下りした。台車に舟が乗っている様子が分かるだろうか。
蹴上から北に流れる疏水分線は南禅寺の水路閣の上を流れる。この風景は、テレビ等でよく映される。
水路閣の上の様子。水量は少なくなるが京都市の北へ向かって流れる。
『疏水記念館』は、岡崎の京都市動物園のすぐ側にあり、疏水に関わる資料が数多く展示されている。
岡崎付近の舟だまりから、疏水は鴨川に向かって再び流れ始める。舟だまりのすぐ向こうには、京都市動物園、そして遠くに見える山は、延暦寺で有名な比叡山である。
疏水は、平安神宮や、京都会館の側を流れていく。
第3代京都府知事、北垣國道の像。夷川ダムのそばにある。
北垣國道は琵琶湖疏水を計画し、明治23年に完成させた。永きの年月を隔て今も市民の飲み水の供給源となっている。
夷川ダム。ここには発電所もある。
琵琶湖疏水は、琵琶湖よりはるばる流れ来て、一部は鴨川へ注ぐ。
鴨川にまつわる短歌が残されている。
春・夏・秋・冬の歌が一首ずつ詠まれている。
鴨川に並行して、左手の方を疏水が流れ行く。
七条付近でJR東海道新幹線や東海道本線と交差するあたり。右手には鴨川、そして左手には疏水が仲良く南下する。
伏見まで南下した疏水は、墨染の発電所へ出る。かつては、ここにもインクラインがあったが、現在は、国道24号線となり、傾斜の名残をとどめている。
伏見の町をゆったりと流れる疏水。琵琶湖疏水は伏見区堀詰町で終わり、濠川に入る。
中書島付近。京阪電車本線の下をくぐって、疏水は流れいく。
宇治川のすぐ側には、『三栖の閘門』がある。かつては、大阪から、宇治川を経由してくる船が、ここを通って京都市内に入っていた。
はるばる流れ来た琵琶湖疏水は、この三栖の地で、その流れを終え、宇治川へ注ぐ。
琵琶湖疏水の水を含んで、宇治川は、大阪湾へと、さらに旅を続ける。
現在、安朱校区の橋、安朱橋の掛け替え工事が行われている。手前にあった橋ははずされ、向こうに仮橋がかけられているのが見える。これは、3月1日ごろの様子である。
はずされた安朱橋の基礎となっている部分。この安朱橋は昭和2年に掛け替えられている。中央のアーチ状になっている鉄骨とその両サイドに突き出た2本ずづの鉄骨は、線路のレールを使用している。また橋を受ける部分は煉瓦を使っている。
工事中は、疏水の水は流されていない。緩やかなV字型の疏水の底が見える珍しい写真。緩やかに曲がった向こうは四ノ宮方面である。
はずされた橋の一部。昭和2年12月の日付が見える。
平成12年6月18日に安朱橋が完成し、渡り初めが行われました。これからも末永く地域を結ぶ橋として役立ってくれると思います。
京都市水道局のホームページ
琵琶湖疏水の工事
琵琶湖疏水絵図